奥田庵

楽しんで書ける場所が欲しいなって、ここにひっそりと、僕の遊び場を作った感じです。小説的体調管理。自由。

こどもの眼。

f:id:jetoku33:20200623212848j:plain

 

 

 

電車の座席に座っているときに、子供たちの集団が乗ってきた。

それぞれの親も一緒で、子供たちは全部で四人。

おそろいの服に、おそろいの帽子。たぶん、制服なのだろう。

年齢的には、五歳か六歳。女の子。

みんなマスクしている。

親たちも四人。マスクしている。で話している。

 

女の子たちは、無言。

子供が制服を着て、四人もいて、静かだという状況。しかも、表情は読み取れず、目だけ出ている状態。

 

「……」

 

非常に物分かりが良さそうに思える。

と、同時に、子供だからといって侮れないということぐらいは知っている。

子供が子供社会の中で、一括りにされつつも、集団の中でそれぞれの主張を通したり、譲ったり、計算したり、苦しんだりしながら、その役割をこなしていく日々にいること。

「子供」は意外に、沢山のことを理解している。

僕の幼少期の記憶は、「勉強」を詰め込まれていない分だけ、状況に対し敏感だったことは覚えている。

ただ、経験と言語の知識量で、気持ちを表現する場合、唐突感がでてしまうということはあるのだけれど、四歳、五歳は既に侮れないのだ。

 

ということで、目の前の無言の幼児たちに、プレッシャーを感じている。

お母さん連中が、「コロナが」とか「あそこの家で」とか「この前通販で」と次々と会話を繰り出す中で、無言の幼児四人衆。

 

「……」

「……」

「……」

「……」

 

僕は、幼児たちの無言と、感情を押し込める視線に敬意を示し、スマホを見るのを止めて、少しだけ姿勢よく座った。

 

 

 

※noteはじめました。

https://note.com/okuda_an