奥田庵

楽しんで書ける場所が欲しいなって、ここにひっそりと、僕の遊び場を作った感じです。小説的体調管理。自由。

似た空。

 

f:id:jetoku33:20200529212203j:plain

 

高台にある公園。

夕方。

誰もいない。

 

「結局、あの人が何を考えているかなんか分からないよなぁ」

 

そんなことを呟き、考えながら、今日の終わりを慰めた。

大人になれば、「大人」になっていると思った。

 

でも、実際の大人は、ただの経過でしかなく、

いつまでたっても、「僕」を止めることは出来ないと知ることだった。

 

ただ、「子供」ではないということは、子供でいることが出来ないということでもあった。

 

まばらな雲に、夕焼け色。

子供の頃も同じように見ていた空。

きっとこれからも、ずっと同じように空。

 

それは僕とは関係なく、同じように空なのだ。

だからきっと、僕が思う、「僕」ですら、関係なく空なのだ。

 

子供も大人も僕も通り過ぎて空。

だけど空は同じようで毎日違う。

 

あの頃も今もこれからも。