奥田庵

楽しんで書ける場所が欲しいなって、ここにひっそりと、僕の遊び場を作った感じです。小説的体調管理。自由。

見えている。

f:id:jetoku33:20200522204734j:plain

 

 

「君はこの前、亡くなったよね」

「そうよ」

「じゃあ、なんでここにいるんだよ」

「幽霊だからよ」

「いや、幽霊って言ってもさ、見えてるし」

「見えているのはあなたにだけよ」

「僕に見えてもいいの?」

「いや、私はこっそりと見守っていたかっただけなのに、どうしてかあなたには見えてしまうの」

「そもそも、君は何でここにいるのさ」

「あなたが呼んだんじゃないの?」

「僕は呼んでいないよ」

「私が死んで悲しくなかった?」

「そりゃ、ものすごく悲しかったさ」

「わたしも悲しかったわ」

「でも、僕が悲しいと君が現れたりするのかな?」

「ほら、想像してみて」

「なにを?」

「もし、君が突然、透明人間になったとする」

「うん」

「そしたら、君は誰のもとに向かうのかな? 好きな人のところにいかない?」

「え?」

「それと一緒よ」

「……」

「だから、別にいいじゃない。考え方よ。あなたもいつかは死ぬわけでしょ?」

「まあ」

「今は触れ合えたりしなくても、死んだら私と同じなんだから。今から一緒にいたって、遅かれ早かれって話なのよ。今は一緒にいられる。そしてそのうち、触れ合えたりする。死んだ後にね」

「君は僕が死ぬのを、僕の近くでずっと待っているってわけ?」

「なに、人聞きの悪いこと言ってるのよ。まあ、そうだけど」

「それはそれで、どうなんだろうか?」

「まあ、結論は急がなくていいじゃない。まず、私たちの再会をしっかりと喜びましょうよ」

「ねえ、君はまた、突然消えてしまったりしないよね」

「そんなこと分からないわ。ただ、今はあなたにだけ見えている事実を、あなた自身が信じられてるかってことが大事なんじゃないの?」

「いきなり、哲学だね」

「自分にしか見えていないということは、ある意味、周りから頭がおかしいと思われることとの不安との戦いみたいなところがあるわよね」

「僕は君が見えている」

「それでいいじゃない」

「でも他の人に紹介することが出来ない」

「それはそんなに大事なことなの?」

「……いや、ただ僕にも君が見えていると思い込んでいるだけで、実際は見えていないかもしれないと思うと怖くなる」

「わたしは死んでるわけだしね」

「でも、それでもいいのかもしれない」

「そうよ。あなたが見えているものを信じることが出来たら、まず、それがあなたの世界でもあるのだから」