奥田庵

ほぼ気晴らしです。

変化。

f:id:jetoku33:20200224203742j:plain

 

祐介は昔、テレビ中毒に悩んでいた。

なんとなくずっとテレビを眺めてしまい、寝不足のまま仕事に行き、また帰ってきて、テレビを眺めてしまうという感じだった。

 

が、ユーチューブをテレビ画面で見るようになってから、テレビ番組自体を見ることは減っていった。

十五分ぐらいで終わる動画に慣れていくと、一時間は長く感じるし、コマーシャルで続きを待って時間が過ぎていくのが苦痛になってきたのだ。

 

そのうち、ユーチューブを何本か見るのが習慣になっていくと、自然とそれにも飽きてきた。

収入目的で長い配信をする人が増えてきたことによって、粗も目立ち始めやり方もマニュアルに沿ったようなものが増えダラダラと流しているのを眺めてるのに飽きてきたのだ。

SNSも前は遊び程度にやっていたが、見に行かない日が増えていった。

何かしらの活動の宣伝ツールとして使われ方が多くなったからだ。

 

世の中に娯楽があふれ、定額で映画が何本も見れたり、そこら中の人がタレントのように配信をはじめて、振り向いてくれるように宣伝を始めたことによって、

 

「見なくてもいいもの」があふれかえってくれたことにより、祐介はやっとホッとしたのだ。

 

最近は「へー、なにそれ?」

と、聞くのが楽しいらしい。