奥田庵

小説だったり、映画だったり。犬だったり。

撮らない書かない日々。

 

f:id:jetoku33:20190819020340j:plain

 

最近は、一つの小さな物語を頭の中で泳がせている。

結婚を許さない父親の物語。

許さないまま、結婚式当日を迎える。

そもそも父親は結婚式に呼ばれていない。

離婚していて、式に出席しないほうが「都合がいい」と、省かれている。

結婚を許さないことで、娘の結婚相手が何度も訪ねてくる。

たまに娘も来る。

 

父親にとっても「許さない」ことは、娘に会えるかもしれないという思いもある。

 

なんて設定だけ用意して、ジタバタする「動き」を考えて楽しむ。

部屋に閉じこもったり、少し顔出したり、抜けだしたり、要望言ったり、

追いかけたり、叫んだり、

象徴的なラスト。

ほぼ動きと単語のセリフだけで成立しないかなぁって楽しむ。

 

でも、別に撮る気も、書く気もないので、

ただただ、楽しんでる。

 

映像にするなら、動きが面白いほうがいい。

説明台詞ではない、単語と間。

 

一通り、考えて、「ああ、ここで逆光で」なんて考えて、

楽しむ。

 

でも撮らない。書かない。

 

それとは別に書きかけの書きたい物語も気になる。

それも書いていない。

随分と、野心も減って、でもまだ残りカスみたいなものが不愉快。

とりあえず「楽しむ」そして泳がせる。

 

僕は沢山のものに「飽きて」しまったのだけれど、チョロチョロと

衝動のようなものがもっともっと溜まって、

そのうち形になる。きっと。

とか思って毎日が過ぎている。

 

たぶん、それで合ってる。