奥田庵

楽しんで書ける場所が欲しいなって、ここにひっそりと、僕の遊び場を作った感じです。小説的体調管理。自由。

昼寝への道。

f:id:jetoku33:20190502225430j:plain

奥さんの絵 毛糸シリーズその11
 

 

昼休憩に、公園へ。

暖かくなってきたので、少しブラブラ。

公園のベンチの心地よさ。

 

f:id:jetoku33:20190502222820j:plain

 

あまり周りに人がいなかったので、ベンチの上に寝っ転がる。

で、空。

 

f:id:jetoku33:20190502222859j:plain

 

気持ちいいなぁ。

このまま眠ってしまいたい。

 

けど、少し離れたところで人の声。

すくっと起き上がって、少しだけベンチで黄昏る。

 

おじさんが昼間っから、ベンチで寝ているのは、なんて言いますか「迷惑」だし「邪魔」だし、「見たくない」だろうと。

心地良いんだけれどなぁ。

 

 

ちょっと歩くと、僕より年上っぽいおじさんがやっぱり木陰のベンチで、眠っていた。

その周りを芝生でボール遊びしている家族や、凧揚げしている人がいた。

そうか、眠ろうと思えば眠れるのかもしれないなぁ。

 

また今度、挑戦してみよう。

 

 

妹と猫

妹と猫