奥田庵

小説だったり、映画だったり。犬だったり。

とうとう。

f:id:jetoku33:20190213215920j:plain

 

 

昨日、アマゾンプライムで見た映画がこれ ↓

 

 若いころ行った精子提供のうち、533人の子供が誕生して、

その中から142人に身元開示の裁判を起こされた男性が主人公。

で、身元を隠して、自分の子供たちに会いに行く。

 

だんだんと父親の自覚が芽生えていく。

面白かったなぁ。

 

でもまあ、映画が「見放題」ってのが日常になってきて、

楽しいです。

凄い時代。

 

なんかさ、レンタルビデオ屋で長い時間かけて映画探していたあの時間って、

もう「昔話」になっていくんだろうなぁって思います。

貸本屋」とか「紙芝居」なんてものを、「昔話」として感じてた感覚で、

レンタル屋とか、本屋とか。

 

しかし「映画館」とか「新聞」とか「手紙」がまだ生き残っているのも凄いですね。

前に、映画館へ行って、見終わって「面白かった」とは思いつつ、

映画館にお客は全然いなくて、「なんで映画館ってまだあるんだろ。ネット配信でいいじゃん」って、思っちゃいましたよ。

とうとう。

 

そう、思いつつ、思った自分に少しショックだったりして。

映画の仕事してたし、映画館でもバイトしてたし、映画作りたいし。

映画館は好きだし。

 

とうとうです。

 

とりあえず宮崎駿監督の新作を劇場で見れる日を楽しみにしてます。

すがる気持ちで。

映画館で見る映画とは何ぞや。

 

 

くらげ

くらげ