奥田庵

小説だったり、映画だったり。犬だったり。

免許の更新。

f:id:jetoku33:20190205090651j:plain

 

運転免許の更新に行きました。

お知らせのハガキを見ると、近所の警察署でも更新できるみたいなのですが、その場合は写真を用意しないといけない。

写真って結構高いし、なんか面倒だなぁって思って。散歩がてら電車に乗って即日交付してくれる警察署へ。そこだと写真も撮ってくれるし、すぐ発行してくれる。

 

なんとなく駅からすぐだろうって思って行ったら、徒歩十五分。往復三十分。

微妙に近くはない距離。で、坂道。

 

f:id:jetoku33:20190205090658j:plain

 

最近あまり歩いてなかったし、徒歩十五分ごときでなんか凄く頑張っている気分になってくる。途中ですれ違ったスキップの下手な小太りの少年が軽く和ませてくれる。

 

で、警察署。毎日、その事務作業に追われて、ちょいとイライラしてる雰囲気を漂わせているおばさんに

「証紙は買った?」

「笑止?」

「となりの合同庁舎の二階で買ってきてまた来て」んで、隣へ。

「証紙買って来いって言われたんですけど」

「買って来いって(笑)」

で、三千円の切手みたいな証紙を持って、なんだこの手間、無駄だ、マネーロンダリングか? なんてブツブツ思いながらまた受付へ今度は違うおばさんになっていたけど、イライラしてないかもと思いつつ

「そこの機械で紙出して」と、やっぱりイライラしてんじゃん。

で、紙出すとまた違うおばさん

「ここと、ここ書いて、証紙貼って待ってて」と。最後まで仲良くなれない感じ。

いい、たぶん一生会わない。

何気に受付のどこかに、流れとか注意書きが書かれていたりするのだろう。でも、誰も読まないで受付に来るから、「読めや」と思いつつ、日々対応して、またものすごい数がそんなんだから、結果、ああいう感じになっていくんだろう。

 

なんて、自分の気持ちの落としどころを考えつつ、書いてすぐに、講習。

 

f:id:jetoku33:20190205090711j:plain

 

僕はぺーパドライバーなんで、毎回「優良」。

簡単な流れの説明の後、二十分のビデオを見て、また簡単な説明を聞いて免許が配られて終了。このたかだか三十分の間にも、ものすごい眠気に襲われる。

今日は日差しが温かい。軽く運動もした気分、人間関係に心痛めた、よく頑張ったさあ、眠ってしまえ。

なんて思ってたら終了。

平和。

 

 

くらげ

くらげ