小説kinema

小説だったり、映画だったりの作業スペース。散らかってます。

藤子不二雄Ⓐ展  六本木ヒルズ展望台

 

浅香唯のライブが終わった足で、六本木へ。

六本木ヒルズで開催されている「藤子不二雄Ⓐ展」を観に。

 

展示場所が53階。

凄く高い。良い眺め。東京タワーも見下ろせる。

 

f:id:jetoku33:20181204080719j:plain

等身大の藤子Ⓐ先生。

 

藤子不二雄の二人の作品は、僕が子供の頃、毎日アニメがやっていて、

大ブームでした。

ファンレターを書くと、お正月に年賀状を頂きました。

藤子不二雄Ⓐ先生の自伝的作品「まんが道」が好きで、

僕も感化されて漫画を描く真似事とかしていました。

 

f:id:jetoku33:20181204082459j:plain

 

コンビが別れた後、ドラえもんの藤子F先生は勿論、大人気なのですが、

なにげに、ジワジワと藤子Ⓐ先生の凄さは再評価されていく感じで。

怪物くん、ハットリくん、などの「藤子不二雄的」なヒット作の他にも、

プロゴルファー猿まんが道の、スポーツや青春ものの傑作、

いじめを題材にした魔太郎がくる、

そして笑ゥせぇるすまんの大ヒット。とにかくジャンルが幅広い。

 

f:id:jetoku33:20181204080521j:plain

 

f:id:jetoku33:20181204080553j:plain

 

で、また何気に天才なのが、藤子Ⓐ先生は、ストーリーを最後まで考えたりせず、いきなり書き始めてしまう。本人が、物語がどう終わるか分からないで書いている。

なので、結構ムチャクチャな終わり方をしたりする。けど、それがまた面白い。

 

f:id:jetoku33:20181204080643j:plain

 

今回の展示も、本人が主体ではなく、周りが動いて開かれた展示会のようで、

そういう懐の深さが、藤子Ⓐ先生の魅力なのかもしれない。

 

f:id:jetoku33:20181204080620j:plain

 

インスタ映えな、全て写真撮影オッケーな展示。

お客さんもみんな楽しそう。

楽しかった。

 

ハットリくんの人形を一つ買って帰りました。

 

f:id:jetoku33:20181204080537j:plain

 

 

くらげ

くらげ

 

 

 

妹と猫

妹と猫