小説kinema

小説だったり、映画だったりの作業スペース。散らかってます。

抽象的でなんですが……。

 

さて、久々に「おかしなこと」を目の当たりにしたのですが、

そういった「おかしなこと」にも随分と、

経験と、知識と、余裕が生まれてきたのかもしれないと思ったりしまして。

 

いくらかの対処案と、知識と、気楽さが過りまして、

で、色々とやる気に変わったことには僕の中では喜びかもと。

 

「おかしなこと」が起きた後、何度も頭に過ったのが、たまたま立ち読みしたときに目にしたこの文字。

 

f:id:jetoku33:20181030204717j:plain

 

まさかのホリエモン

しかし、これをやり続けていたことは多々あったと。

 

そんな話をちょこっと知り合いにしていたら

「バカに振り回されてメリットを失うのもまたバカ」

と、なるほどな意見を頂き、

ちょっと楽しくなってくる。

 

なぜ、楽しくなってきたのかと言いますと、たぶん「我慢」していたのが、

「我慢しなくていい」と表面化して分かったんだと思います。

色々なことが出来るって。

さて、どれを選ぼう。

これになったら、これ。こうなったらここへ行って、

で、こういうことをして、でもああなったら、こうしてって。

でも、まだこれをしてって。

ああ、自由かもって。

 

さて、これでも読みます。

 

f:id:jetoku33:20181030204907j:plain

 

 

書くことについて (小学館文庫)

書くことについて (小学館文庫)

 

 

 

これ、かなり面白いです。

ではでは。

 

 

 

バカとつき合うな

バカとつき合うな

 

 

 

くらげ

くらげ

 

 

 

ガソリンゼロ

ガソリンゼロ