奥田庵

小説だったり、映画だったり。犬だったり。

小田原映画祭・野外上映。

f:id:jetoku33:20180908222712j:plain

 

近くなので小田原映画祭へ電車に乗って。

 

野外上映会。

 

f:id:jetoku33:20180908222806j:plain

 

満席でした。

 

オープニングイベント。

ギターとキーボードの映画音楽の演奏。

トークショー。五十嵐匠監督と、榎木孝明さん。岡田美術館の小林優子さん。

 

五十嵐監督は昔一緒にお仕事したことがあるので、相変わらず情熱的でお元気な姿を見ることが出来て、嬉しいやら、むずむずやらで。僕も自然と笑顔がこぼれてしまいました。

「そうだ、僕もなんだかんだ言って、小説を書くことは、映画を創っているとも言えるのだ」

と、哲学しつつ、色々な思いに。

 

 

野外上映は

「アダン」

 

www.allcinema.net

 

画家の田中一村の物語。

田中一村は、奄美王島に移住して豆腐とキュウリを食べながら、

一人篭って絵を描き、

その絵は一切売らず、ボロ屋で暮らし、

無名のまま死んでいった画家。

 

死後、評価され有名になった。

 

最近、僕が気になっている部類の「変態」な人物。

 

www.fashion-press.net

 

映画内でも、その「おかしさ」は爆発していたのですが、

野外上映。

突然の雨!

 

かなり物語も進んでいたので、

「こりゃ、びしょ濡れでも最後まで見るのだ!」

と、思っていた矢先、

上映ストップ。

 

f:id:jetoku33:20180908224956j:plain

 

音楽フェスのようには行かず。中止に。

とても残念。

 

映画の続きは気になるけれど、

まあ、野外イベントの醍醐味って言えば醍醐味かもしれない。

それもまた楽しいということで……。

 

気になる。

 

www.odawara-cinema.com

 

 

くらげ

くらげ