奥田庵

小説だったり、映画だったり。犬だったり。

もう「新しい感動」は得られないのか?

 

さて、ババーッと、続けて色々な「作品」を見てきた今日この頃。

やっとこ疲れが出てきた感じであります。

 

昔、「物語」で物凄く心を動かされた体験。

その記憶が残っているから、またそんな経験をしたいのだけれど、なかなか、そういうふうなことは起きないですね。

とても素晴らしい作品が沢山あるし、閉じ込められた熱量に、「ググッ」と引き込まれたりもします。

けど、「昔感じたあんな感じ」とはまた違ったり。

 

それはやっぱり、僕の方に原因があるのかな。

色々と観すぎて、楽しめなくなってきているのではないかって。

前に、図書館で借りた「ゴッドファーザー」を見たときに、もちろん面白かったのですが、随分と「既視感」があったんですね。

ゴッドファーザーは初めて見るのに、それととても似たシーンを色々な映画で引用されているんでしょうね、観ていてこの後どうなるかっていうのが分かっちゃうんです。

そんな感覚が僕の中で随分と溜まってきてしまったのかもしれないと少し思いました。

これ知ってる。とか、これはこうなるとか。あれに似ているとか。

 

でも、似た感じでもちゃんと面白いし楽しめるんですけど、その引っかかりがちょい邪魔っていうか。

 

本当に心を突き刺すような、虜になるような素晴らしい作品に出会いたいなって思ったり、いや、そのイメージを自分で「挑戦」していくのが面白いんじゃないかって思ってみたり。

 

でも「新しいもの」にばかり捕らわれていると「面白いもの」と合致しない場合もあると思います。

そして、その新しい衝撃も生まれたと同時に古くなる。

何かしらの焼き増しって言うのは当然なこととして、プラスアルファに「とんでもなさ」が積み重なって欲しい。とか言い出すとまた楽しめなくなる。

 

でもまあ、「完璧主義」って言うのは作業効率を悪くするらしいです。

傷つかないためには「やらないでおく」のがいいわけだから、なかなか手をつけなくなる。

じゃあ、どうするのかっていうと、色々と手はあるらしいのですが、

例えばセルフコンパッションとか言うのとか。

 

www.psychological-skils.com

 

 

しかし世の中、本当に色々な知識をすぐに得られるようになりましたね。

頭のいい人とか、本当に沢山いるなぁって感心しています。

僕がしたり顔で「それはあれだよね」なんて語るのがバカみたいに思えてきます。

なので、ちゃんとリラックスして、創作している喜びに埋没できるようになれればいいなって思ったりしてます。

 

いい傾向。

 

 

不器用なアナログレコードの挑戦

不器用なアナログレコードの挑戦