奥田庵

小説だったり、映画だったり。犬だったり。

文章のかけら 4

もちろんメモからもお話作ったりするんですけど、

だいたいは、メモよりも、その時の気分で盛りあがってきた話を書くことの方が多いかもしれません。

 

ということで、なんか分かるような、分からないようなメモです。

 

○通り魔のナイフを預かっている。

○予知能力。数日で消えることも予知。

○苦し紛れに暴論を言うが、いつもそれを実現してしまう。

○殺人犯の恋人。

○命の恩人が父の敵。

○文通相手が父親だった。

○駆け落ちすると言ってきた。祝福。最後にパーティー。

 朝、男だけ一人消えていた。そして死んだとの報告。

○前に住んでいた住人宛に手紙が届く。届けに行こうと探しに出る。

○泥棒合戦

○なかなか帰ってこない父親を捜しに行く。小さな子供たち。

○落し物のラブレター。落とし主に返そうとするが、自分が誰かにラブレターを渡そうとしているみたいで、その相手のことを好きになってしまう。

○おんちな鼻歌が風呂場から聴こえる。外で曲当てクイズ。

○ナンパ師を宗教が勧誘。ヘッドハンティング

○銃を拾った。おもちゃだと思って撃ったら本物で、人に当たって死んでしまった。後ろで叫び声がして、びっくりしてその人も撃った。警察が来て威嚇射撃。したら上で工事していた人がいて死ぬ。持っていた工具が落ちてきて、その男も即死。

○人肉を食べるために殺人をする犯人。

○虫の亡霊に襲われる。

○尾行捜査していて迷子になる。

○侵略ではなく旅行に来た宇宙人。

○押し売りに惚れる。

○アル中対ぼけ老人

○こき使われていた夫。奥さんが誘拐されて快適な日々。

○吸血鬼の祖父と祖母。

○命を助けた相手が貧乏神。

○犯罪に成功してしまった男の日々。不安。

○料理人を目指せと包丁をもらう。人を殺してしまう。その夜と、朝に自首するまで。

○料理を作りながら殺人の話。

○実家が肝試しスポット

○廃墟と間違え、外国人が潜伏しようと入ってきた。

○子孫と名乗るやつが現れる。 (ただ友達のいない奴のホラ)

○一人の男がトイレに駆け込んでくる。しょんべんをする男。突然、大便の扉が開いて男の横に行く「兄ちゃんいいもんもってるね」という合言葉。

○二番目に好きな子と仲良くなる。二番目でいいかなってときに一番目の子が。

 

○いじめの対象が自分に回ってきたとき、ただジッとノルマをこなすように、いつもの生活をしていたんだ。

 その行為が僕にはものすごく切なくてクールでそして彼が小さく見えた。

 彼は自分で抱え込む人間だった。僕の知らない彼はコンピューター会社に就職し、リストラにあい、車の整備の仕事に転職していたそうだ。

 会社に連絡がなく、おかしいと思い、行ってみると死んでいたそうだ。

 夜寝て、朝目覚めない。突然死。

 

○自分が認知症になりつつあることを知っている親戚のお婆ちゃん。 

「忘れちゃうからねぇ」

 とジッと僕の顔を見た。

 小さな体で一生懸命もてなしてくれた。

 前向きな言葉しか出てこなかった。それが嬉しかった。

 

○結婚を承諾してもらいに彼女の実家に。けど、彼女が遅れて、一人で彼女の部屋で待つことに。

○死んだ彼女に似た女性を見かける。

○婚約から三年。まだ結婚していない。

○同級生の女がAVに出ていた。久しぶりに訪ねる。「あなたで八人目よ」

○友人が死んだ日の翌日、彼女が消えた。

○死体の運び屋が、その死体の身内に追いかけられる。

○彼女が彼氏の気持ちを確かめようとある計画を立てる。

脅迫状。誘拐。→友人と一緒に彼女を捜す。→他の事件に巻き込まれる。死体発見。

○ラブレターを渡そうとした瞬間、誘拐される女。

○刑事に惚れた女が、犯人だった自分とは不釣合いだと刑事に渡した遺書。

○帰り道、色々なものを拾う。わらしべ長者のように発展。

 

○逃亡者が車を盗む。そこに子供が乗っている。

「何だお前ら?」

「お母さんが待ってろって」

「は?」

 

○エロ本買った男、車に轢かれる。ここで死んでたまるかと奮闘。

○「私の理想はお父さんみたいな人」お父さんを偵察。ハゲでメガネのおっさん。→次の日ハゲでメガネで彼女に会いに行く。

○インターネットで他人が作る「自分のページ」を見つけてしまう。

○誘拐→実は駆け落ち。

○自殺しようとした日に電話があり、慕っていた後輩が彼女を連れてやってくる。

 東京への憧れと。東京へのいらだち。

 そして後輩に気づかれる。

 二人からの心からのプレゼント。

 

 

いっぱい書こうとすると、たぶんいくらでも書けるんでしょう。

だけど、それは「同じこと」をしているのかもしれない。

ので、考えますよ。

はい。

 

 

不器用なアナログレコードの挑戦

不器用なアナログレコードの挑戦