小説kinema

小説だったり、映画だったりの作業スペース。散らかってます。

本当に嬉しいこと。

 

嬉しいことがありました。

乃楽りくさんが、僕についてこんな応援記事を書いてくれました。

noranokura.com

 

ネットで小説を発表していても、なかなか感想を目にする機会はありません。

だから、レビューを書いてくれる方は本当に貴重だし(毎回書いてくれていたEMIRI@K.Λさんという方には本当に感謝です。あなたのレビューを読んで、本を選んだという方に何人かお会いしました)、たまたまネットで感想を見つけた時には、読んでくれている人がいるんだなって勇気づけられます。

この記事にもとても勇気づけられました。

 

ameblo.jp

 

僕は、どう感謝を表したらいいのか分からなくて、とにかく「ありがとうございます」なんて書いたりするのですけど、実際、ネット上でどれだけの人が僕の作品を楽しんでくれているかなんて、数字で観られるだけでしか分からないから、結構、うだうだします。

自己評価の低さを、どうコントロールして、日々の折り合いをつけていけばいいのか混乱してよく恐ろしくなります。

 

乃楽りくさんも、ご自身で創作と切実に向き合っている方とうかがっています。

どうか、素敵な結実が訪れることを祈っています。

って、そういうことじゃないんですよね。本当に言いたいことは。

 

今日、嬉しいことがあったこと。

凄く、素敵です。

ありがとうございました。

心から。

 

noranokura.com