小説kinema

小説だったり、映画だったりの作業スペース。散らかってます。

Kindle「恋すること」の失敗その8・本は残る。

 

恋すること

恋すること

 

 

 ということで、粛々と。事実を受け入れ始める。
「まあ、良いじゃないか。色々知ったから」と。
 無知のせいで「小説家になろう」でケチつけられたことが発端で、慌てふためいて、勢いで発売してほぼ裏目に出たけれど。
 ブログも引越しちゃったけど、また「はてなブログ」で好きに書いていけばいい。小説もブログも。で、好きなタイミングで電子書籍にすればいいさ。無料キャンペーンで沢山の人に読まれるのも重要だけれども、無料キャンペーンじゃなくても読んでくれていた人がいたのを知ったし、ツイッターでは色々と親切に教えてくれる人もいて嬉しかったし。
 とにかく、好きな物語を好きなように書いて、好きに発表できる環境があることが、僕にとってはとても重要なのだから、それが整備されただけでも随分と嬉しい。
 ずっとやってたホームページも「時代じゃない」らしいとブログ探しの時に知って、じゃあ、そのまま、ブログだけに、僕の情報源を統一しちゃおうって気持ちも出てきた。

 最終日五日目。
 ダウンロード数五日間で69冊。
 過去最低。
 順位とダウンロード数が上がるのをツイートしようとしてたのだけれど、結局、順位もダウンロードも上がらないのを伝え続けるということになってしまった。

 でも、まあ69人の方がダウンロードしてくれたのだと思うと、やっぱり感謝。
 学校の一クラスより多いし。結構なモノだよなぁ。
 楽しんでくれるといいなぁ。

 結局、連載も途中だし、ダウンロードも増えなかったので、「恋すること」の反響はまったく聞けず仕舞いだったけれど、本はずっと販売しているので、気になった人が読んでくれて、なにかしら伝わってくることがいつかあるかもしれない。
 そして、来年は本をちょこちょこ出す予定。
 もう慌てないといいな。
 ドキドキ。

 

 

恋すること

恋すること