奥田庵

小説だったり、映画だったり。犬だったり。

Kindle「恋すること」の失敗その4・ツイッターの広告表示。

 

恋すること

恋すること

 

 

 宣伝しようと、ツイッターに呟きを書き始めた。
 トップに宣伝呟きを固定して、僕に興味を持ってくれた人かクリックしてくれたらいいなって。ふと、そこで気づく。
 ツイッターの記事に、「恋すること」紹介の画像がリンクされていない。
 商品ページに行くと、ツイッターマークがついていて、そこを押すと、ツイッターで「宣伝画像広告」と共に、商品を紹介できる。なのに、何度やってもリンクURLは載ってるけど、広告の画像(のちにツイッターカートという名称を知る)が載っていない。
 なぜだ、キャンペーンは始まっているのさ。URLなんか怪しくて誰もクリックしてくれないよ。どうしようどうしよう。
 二日が経過して、ダウンロードは39冊。
 kindle無料タイトル141位。評論・文学研究37位。
 一日で19冊の、ダウンロード。全然伸びていない!
 三分の二が終了。ランキング100位にも載らない。

 早急にツイッターに画像が表示されるよう、調べなければ。
 ということで、色々と試してみる。他のシェアリンクを貼りつけたら出るんじゃないかとか、スマホからやってみたり、画像だけ貼りつけたらいいのではないかとか、僕がツイッター上でオロオロしていたら、親切な方が、商品ページの「メールでシェア」のリンクを貼ると出る場合があると、教えてくれて試みたり。けど、出ない。
 なぜだ。きっとAmazonでなにか裏技を知っているんじゃないか? と、カスタマーセンターへチャットの問い合わせ。担当の方も色々と試してくれる。
けど表示されない。で、最終的に、
「リンクと画像を合わせてツイートするというような方法か Amazonアソシエイトにご登録いただくかのどちらかかと思われます。」
 ということでアソシエイト(その2でいうアフィリエイトのことらしいややこしい)の登録手続きへ。色々と入力をしていくが、最後の電話を使ったPIN認証というのがうまくいかない。
 プッシュボタンを使って画面の数字を入れるだけなのだけれど、ちゃんと入れているのに。
 はじかれ続け、終いには
「PIN認証が一定回数を超えてしまったため、登録を進めることができません。1時間後に再度試してください。」

 なんでだ。楽天モバイルじゃダメなのか? どういうこと? と、チャットでカスタマーさんへ訊くと、
「ここまでお付き合いいただき大変恐縮ではございますが、Amazonアソシエイトに関してのお問い合わせとなりますとEメールでのご案内を行える部署のみとなっております。」
 って。「ガーン」チャットじゃ訊けないってさ。トボトボと退散。メールで問い合わせ。
 その間、ネットで同じような人はいなかったか調べると、やっぱブログ記事があって、「とにかく、はじかれないまでやり続ける」というのが答えらしい。機械社会に踊らされている。

 その間も、時は刻まれ、誰もダウンロードせず。
 ちまたじゃ忘年会、クリスマス会の写真のアップばかりが続いていた。

 つづく。

 

 

 

恋すること

恋すること