小説kinema

小説だったり、映画だったりの作業スペース。散らかってます。

原宿へ。

この前、久しぶりに嫁と都内へ。

飯野歩監督の最新作の都内上映に原宿まで。

こういう上映の場自体、久々なので十年ぶりなんて方にもチラホラ。

 

落研冒険支部」と言う作品。

テンポが良くて、役者さんもノビノビしてて、映像も綺麗。話も面白くて、音楽も映像とマッチして、それに女の子の声が良かった。

耳に残る声ってあるなー。むずむずする。

ずんずんと興味をひかれちゃう声。心地いい。

ああいう声も才能なんだろうなぁ。

 

飯野監督は、自身がかなりな腕前のカメラマンなので、監督兼撮影をやることが多いんだけど、今回は別の方。

そう言った意味で、その撮影の方もきっと要求にこたえて、あのハイクオリティーでだし、きっと凄い腕なんだろうなぁとか。

そのカメラ別の人効果は、演技にも出てるんだろうなぁとか、まあ、色々と思って、楽しい。

才能がノビノビしている作品って、スゲーと。

あの暴力的な心地いいテンポは個性。他で見られない。

嬉しいなぁ、新作見れて。

スゲーですよ。貴重。

 

その時、「ガソリンゼロ」のDVDを頂いた。

僕が貰っていたのがビデオテープだったので、「綺麗なの見たい」「販売してたら買う」とか機会があるたび欲しがってたら、わざわざ。

もう喜びまくって、うちで見まくり。

飯野さんは「DV撮影で画質が……」とか言っていたんだけど、勿論、僕の持ってたテープのより綺麗で、テレビをシネマモードにして観たら、また綺麗な感じになって惚れ惚れ。

いつか誰か「ウルトラ8Kディマスター」とか、派手な名前のそんなので修正したものを販売してくれないかしら。買うので。

いやー、これ凄いなぁとまた感心。

ホントこれ凄い。このテンポと、編集、グッとくる奴。

 

原宿は人が多かった。

都内はしばらく、用事でもないといかないなぁ。きっと。

 

映画また撮りたいなぁとか。

でも、前はあと七本ぐらい撮りたいとか思ってたんだけど、物語を小説でも作り始めてからは、あと一、二本かしらと思ったり。

もう、青春や距離とかじゃなく別の視点が欲しい。それに映画じゃないと、グッと来ないものってきっとあるから、それを詰め込んだものをやりたいなぁ。いつか。

映画は共同作業だし、機会がないと。

なにげに甥っ子の結婚式ビデオに、映画フラストレーションを発散させてて、「新作つくったばっかだしモード」でもあって。

まだなんだろうなぁ。まだいい。

 

最近は、また引き籠もりから、人に会う日々になってきて、で、「毎回こういう問題起こるよなぁ」ってことがありまして。もうさすがに、自分で決着つけたいなと。心持の問題。それをうまく捌けたら、映画の演出のやり方も、もっと変わるんじゃないかしらと期待したり。

 

で、ここ最近は、「二万字程度」の物語を体に身に着けたいと思っておりまして。いつも、ちょこちょこ楽しみで書いてる掌編小説が二千字程度なので、どんなぐらいかと。

で、一度試しに感覚で一本書いてみたら、一万字弱だった。

ふむ、これだと足りないのかと。で、構成からいくつか用意してみて、たぶんきっと、映画の脚本程度がだいたい二万字ぐらいかなと、それぐらいのエピソードを用意して書き進めております。楽しい。

二万字に慣れたら。次は十万字ぐらいに慣れたいな。

 

死ぬまで、すっからかんの、すれっからしになるまで、自分の中の「物語」を搾り取ってしまいたいわ。

 

 

落研冒険支部はまだいくつかの映画祭で上映があるらしいです。

公式サイトへhttp://ochiken-bouken.blog.jp/

 

 

 

飯野さんのカメラマンとしての凄さがわかるPV(監督は松田彰さん)

Love matters / SHANTI