小説kinema

小説だったり、映画だったりの作業スペース。散らかってます。

合わせ技。



久しぶりにバスに乗る。
安曇野の僕が住んでいた場所からバスが出ていなかったので、必要な時は駅まで歩いていたんだけど、だいたい四十分強。
「バスが欲しい」とよく言っていた。
なので、こっちに引っ越してきて、約二年ぶりにバスに乗った。
隣町の駅まで。久々に乗ったバスの乗り心地。
車内アナウンス、乗車する地元の人々。空いている席。
ふーん、って思いながら外を眺める。
なにかが満たされた気分。楽しい。そのうちまた新鮮さは失われるんだろうけど、なんつーんすか、優雅だなぁ。バス。


写真は近所の道。


ライトの吠えるのはほぼ食事時。
キャンと可愛く吠えたら、僕ら夫婦は隣の部屋へ。
五分したら戻る。吠え癖トレーニング。
戻って、また日常。で、吠えたらまた隣へ。
なので、もっぱらワンプレート食になってる。持ち運びやすいように。
で、戻るとたまに変形技をさせられる。
おしっこをしっかりトイレでしていたら「おー、偉いねー」と褒めてご褒美をあげるのだけれど、
たまに戻ると、ちゃんとおしっこを成功させていたりしている。
スッと消えてしつけているのにもかかわらず、それ見つけて、掌返しのように「あら偉いねー」と褒める。僕ら。むむ、おしっこをすれば褒められることが分かっているのだな。と、何かの危機を感じたり。
きゃん。ライトが吠える。
スーッと隣に移動。五分して戻ると、
トイレにおしっこ。「キャー偉いねー」とご褒美。
さて、ご飯の続きを食べようとすると、嫁が「キャ」
「え? なに?」見ると、犬用座布団にうんちが三つ。
なんと合わせ技っ。
二人で「しまった、もう褒めてるし」と、複雑な問題に沈黙。
粛々と、うんちを片付ける。お尻を拭く。

いやまあ、可愛いのです。もう。


写真は近所の海。