小説kinema

小説だったり、映画だったりの作業スペース。散らかってます。

また雪

また雪が降ってる。
昨日は春だなぁなんて言いながら、ぽかぽか陽気だったのに、今日は雪。
さて、数日、重い場面を書いていたので、ぐったり。
そして、まだ先は長い。たぶん半分ぐらい。それで六万字を超えているので、今までで一番長いお話を書いているんだろうなぁと思いつつ、
ふと、先の作業を考えると焦るわけで。
まず、一回、最後まで書く。その後は延々細かく修正していくって考えると、まだまだかかるなぁと。
うろたえるのです。うろたえるなと分かっていてもうろたえる。
いくら一生懸命やろうが、気持ち込めましたって思っていようが、それに対する反響などは保証されていないわけでしてね。頑張って書きました。でも誰も読みませんでした。
次頑張りましょう。ぐつぐつぐつぐつ。
本になろうが、DVDになろうが、反響が無きゃ……と、ここで愚痴を言い出していることの無意味さに気づく。
ハンバーグ食べてたら幸せになれる癖に。(何の話さ)
日々、書き進めて、悶々。ふと、楽しくなって、延々書いていたくなる。
なにがなんだか。

また雪。もうすぐ春。