小説kinema

小説だったり、映画だったりの作業スペース。散らかってます。

捻挫。

朝起きると、左足に激痛。
どうも捻挫らしい。痛い。
左足の捻挫は、なんか癖になっているみたいで、多少の慣れみたいなものもあるのだけれど、
実際、歩くのも辛いので、相変わらず
「このまま治らなかったら……」
などと、過る。
病気になるたびに、そんな気分過ります。
治ったらこうしようああしようとか思いつつ、治ったら毎回、そんな辛さも忘れちゃう。

嫁の買い物に付き合い。でも足が痛いので車の中で待ってる。

駐車場で、車の中、出入りする人や車をボケーっと眺める。
そういえば、実家へ戻ったとき、犬を車の中で待たせた。
車に戻ると、嬉しそうな犬。
人が店から出てくるたびに、「嫁かな?」なんて眺めてるとき、
そんな実家の犬のことが過った。

しかし、足が痛い。
治ったら、いっぱい運動しよう。