小説kinema

奥田徹の小説だったり、映画だったりの作業スペース。散らかってます。

よく調べないと。



インターネットで五千円弱で紙の本を出版出来るサービスがあると知って、ワクワク。
電子でkindleからセルフ出版した掌編小説集の「家出しなかった少年」を紙でも出せるかしら、と昨日かなり時間をかけてデータ作り。
なんかオンデマンドで印刷してくれるらしく、一冊からアマゾンで販売できるのだとか。
気持ちとしてはプラモデルを買うみたいに、手元に持つ感覚を味わいたい、そんな気分で自分の本が欲しいなと思い、一つ一つの工程につまずきながらも、せっせと作業。
本来こういうデザインめいたことや、パソコンのソフトを使った作業はとてつもなく苦手。
何度も何度も弾かれながら、一生懸命作り続けたのですが……。
クリアしてやつとこ価格設定のところへ行くと、なんか最低でも印刷代を価格に入れないといけないらしく、「家出しなかった少年」の本が一冊二千五百円ぐらいで売らないといけないと……。誰も買わない。
五百円ぐらいで、ひっそりと販売してようと思ったのに、そしたら自分で買って家族に配ろうとか考えていたのに。登録料入れると一冊八千円弱。むむむ。
まあ、そのうちもっと安くなるだろうと。今回は退散です。
つくってるのは楽しかったしまあ、良いや。
とりあえず出版の話が来るように祈るのです。