小説kinema

小説だったり、映画だったりの作業スペース。散らかってます。

計画なんてものは。




作業の優先順位をつけようと、怠け者の僕はいろいろ考えるのだけれども、
今回引っ越す前に考えた優先順位が、
1 新作の長編小説 2 掌編小説及び短編 3 昔書いた脚本の小説化作業
と、大まかに三つ。
計画としては、基本的に長編を書くのだけれども、気分が乗らない日や、
他のものを書きたくなる日もあるだろうということで、こんな感じに。
僕としては、3の脚本の小説化は物語も出来ているし、それほど悩まないだろうと踏んでいた
のだけれども、気楽にやり始めたつもりが結局、六月はその作業で過ぎていった感じ。
そんなに簡単なものじゃなかった。
まず、脚本を一人称の文章にする作業、それが終わったら印刷して、
その文章の不自然な部分を直し、新たに文章を書き足す作業。

その作業までが、今日までかかってしまった。
あとは打ち込み作業をした後、一度嫁に読んでもらって、漢字や不自然な部分を直して
完成。長さは「ドーナツと彼女の欠片」ぐらいの短編になりそう。

計画があまりに進まないと焦るけれど、計画なんてどんどん変わるものさと。
今日は焼酎のコーラ割りでも飲んで寝ます。
うーむ。