小説kinema

小説だったり、映画だったりの作業スペース。散らかってます。

足音

$ドキュメントエッセイ・リターンズ。-夕暮れ

 足音が増えた気がした。
 帰り道、たまに一人になる時。
 自分の足音しか聞こえなくなり、ふと立ち止まる。
 コツン……。
「……」
 足音がふと、僕の足音より後に聴こえた。
 僕の足音ではなく、また別の足音がコツンと。
 振り向くと誰もいない。

 心地好い静寂の中。
 街灯の明かりに、真っ赤な空。
 そういえば前にも似たような事があった気がした。

 僕も意識した状態で似たような事をした気がする。
 世界がズレる瞬間を見たくて、不意打ちで立ち止まる。
 世界もたまに焦るらしい。
 コツン……。
 きっと空が綺麗だから。
 今夜は生姜焼きだと良いな。
 そしたら完璧だなと僕は思った。