小説kinema

小説だったり、映画だったりの作業スペース。散らかってます。

文庫本完成。販売開始!

$ドキュメントエッセイ・リターンズ。-文庫本到着!


どうもです。という事で、前々回書いていた、文庫本が完成しました!
早いです!2/2に見積もりが決定してから、完成本が届いたのが3/10なので、
なんと言いましょうか!あれよあれよと販売にこぎつけました。

面白かったです。
少年キネマのHPから見られるwebに不定期掲載してる短編小説を
34編ピックアップして、一冊にまとめました。
本に載せるので、幾つかのお話はwebから削除しましたので、
それらのお話が読めるのは文庫のみとなりました。

一本の長さが星新一ショートショートぐらいの長さです。でも、
ショートショートの様な形式的な形は無くって、好き勝手にショートストーリーを
書いています。これはこれで面白いと思うのですが如何でしょう?

コシーナブックスさんから出しました。自腹で作ったので、
240冊しかこの世に存在しません(笑)
そのうち、アマゾンで販売用にとコシーナさんに100冊預かってもらっています。

世の中、数万部、数十万部と発行された本だって、電車の中刷りみて「知らないなぁ…」
って思うんだから、100冊しか出回らない本はどうなの?と思うかもしれません。
でも、良いんです。欲しかったから。

自費出版の本が売れる目安ってのはだいたい「その人に届く年賀状」の数ぐらいだそうです。
基本的に、その人のコミュニティーより外に拡がるには、それなりに必要な事があるはずです。
それはそれでまた別の話として、「形」として、宝物を購入した感じと言いましょうか。
表紙が画家をしている妻の絵です。中身が僕の小説で、二人の新たな宝物になりました。
透明のブックカバーして、カバンに入れて持ち歩いてます。
実家の両親にも送りました。早速全部読んだんだと、喜んでくれてます。
皆さんにも、参加していただけたら僕も楽しいので、
よろしかったらアマゾンで買ってやってください。
よろしくお願いします。

アマゾン購入ページ
「小さな僕がカナブンと消えた」奥田徹 著
http://www.amazon.co.jp/dp/4904620100

コシーナブック
http://www.cocinabooks.jp/