小説kinema

奥田徹の小説だったり、映画だったりの作業スペース。散らかってます。

最後。ちば映画祭。

ドキュメントエッセイ・リターンズ。-101225_1701~01.jpg



昨日はちば映画祭に参加してきました!

数年に渡ってやってきた
スペアキーな冒険」
最後の活動!
最後の上映!

アットホームな映画祭でした。
クリスマスの夜、
市民会館のスクリーン。
パイプ椅子並べて、
座布団を渡して。

お客さんと眺めたスクリーンは心に染みました。

最後、簡単な挨拶だと思ってたら、椅子を置いての
トークショーだったので、色々思い出して、噛み締めました。
主役の高木君が舞台降り際
「泣きそうになりました。最後だと思うと。」
とボソッと。
高木君は僕が立ち会った上映、
全てに参加してくれました。
どれだけ心強かったか

…ありがとう。


レポートはまた後日、公式ホームページに書きます。

沢山の人に感謝。


で、レンタルDVD結構置いてあるみたいなので、
ぜひ借りてやってください!

スペアキーな冒険に関わってくれた全ての関係者、
お客さん、嫁、本当にありがとうございました!


ドキュメントエッセイ・リターンズ。-KC3X0110.jpg

ドキュメントエッセイ・リターンズ。-101225_1446~02.jpg