小説kinema

小説だったり、映画だったりの作業スペース。散らかってます。

映画「スペアキーな冒険」の資料・その2 デザイン

 

スペアキーな冒険 [DVD]

スペアキーな冒険 [DVD]

 

 

デザインいろいろ。

フリーペーパー、ヴィレッジヴァンガードプレス』51号にて、広告記事を掲載していただきました。

 

デザイナーの五十嵐大輔氏チラシデザイン

 

  

  

 

最終的に以下のジョーバージョン、プーバージョンメインビジュアルの三つに落ちつく。
チラシは2010年、3月より渋谷シアターTSUTAYAにより、各渋谷の劇場に配布、スタッフ、キャストが都内各所、横浜近辺等をお願いに周り、
映画館、ビデオ屋、喫茶店、本屋、美容室、等に設置して頂きました。

 

 

 

 

 

スペアキーな冒険』 は2010年に、
オルスタックピクチャーズから、DVDレンタル&発売されました。当時資料です。

DVD用のチラシは基本的に外部へ出回るものとしてではなく、
CDショップさんやレンタル屋さんへ販売の案内として配られるのを目的として作成されましたが、2000部のみ、オルスタックさんから分けていただき、幾つかの場所へ置かせていただきました。
大きさは上映時のB5チラシより大き目のA4サイズ。
修整の主な場所は、裏面に使われた写真の変更、映像特典の案内等が新たに加わりました。

 

 

 

DVD再生時のメニュー画面3パターン(メイン、チャプター、特典)
は、まず、監督側から使用する写真とBGMを提示し、そこからオルスタックさんが
ラフデザイン作成、それを元にこちらで決定デザインを提示、再び
オルスタックさんでサイズに合わせ修整し、完成という流れ。

オルスタックさんからのメイン画面ラフデザイン

メイン画面決定デザインの原稿

 

 

奥田作成のデザイン原稿

オルスタックさん仕上げジャケットの完成原稿

 

ジャケットデザインも、基本、チラシデザインを生かした形で、作成。
デザイン原稿を提出し、オルスタックさんが最終仕上げ。
販売用の初回出荷分のみ、背表紙のタイトル文字がゴシック体になっている。
基本は明朝体のタイトル文字。

 

 

レンタル屋さん用の業界紙や、幾つかの雑誌に「スペアキーな冒険」の広告を載せていただいたそうです。その中からオルスタックさんより「DVDビジョン」の12月号を送っていただきました。一番最後のページに大きく掲載されてました。

 

検証盤
最終的な確認の為、商品と全く同じ内容の検証盤が送られてきて、
それを監督が見て確認し、問題が無ければプレス業者へ。
スペアキーな冒険は二度検証の直しの後に完成しました。