小説kinema

小説だったり、映画だったりの作業スペース。散らかってます。

『スペアキーな冒険』お披露目しました!

$ドキュメントエッセイ・リターンズ。

2010年5月16日(日)晴れ。

少年キネマvol.2『スペアキーな冒険』
渋谷シアターTSUTAYA。シアター2(172席)
15時半上映開始。「たった一回、一日だけの上映。」

という事で、七年ぶりに少年キネマの興行をしました。
前回は、下北沢の40席の劇場をお借りしての上映。台風でした。
その映画館も今じゃ無くなりました。
今回は快晴!4倍強の172席。チケットは一週間前に完売!
それだけでまず感謝!出来すぎなくらい。何だか必死で毎日毎日準備してました。
この一日の為に。

嫁とバスと電車に揺られ、リュック背負って渋谷へ。
ご飯食べて、Bunkamuraのカフェで時間を潰した後、いざ劇場へ!

担当のYさんを呼んでいただく。
と、Yさん事務所から
「これ、作っときました!」と、本日完売の紙を持って、
僕達を笑顔で出迎えてくれる。いやはや、もう、この数ヶ月、
この一日の為にYさんには何度も連絡を頂いたり、
打ち合わせしていただいたりと、本当に感謝。
目立つところに数ヶ月もポスター貼ってもらい、上映中の映画の
前に、スペアキーの予告も流していただいた。
チラシも沢山の劇場へ配布してもらい、終いにゃ、チラシは無くなり
ネットオークションにまで出回った。全てはこの一日の上映の為。

開場が15時予定。劇場を借りたのが14時半から。
ご好意で、14時から入って準備していいですよーって言われてて、
お手伝いしていただく皆さんの集合もそこら近辺にしてたんだけど、
「お疲れ~」何て、ダラダラ集り始めた頃には、
「どこへ並べば良いですか?」と、お客さんが続々っ!
「え?あ?え~?」訳が解らず。
と、劇場スタッフのYさんが俊敏に判断を下し、対応を決めていく!
「…と、いう事でどうですか?」
「はい。」と、僕も素敵な判断にお返事をしてく(なんじゃそりゃ)

後はあっち行ったり、こっち行ったり、ウロウロ。沢山のお客さん。
お手伝いの皆さんは一緒にスペアキーを作ったスタッフ、キャスト!
時間が無くて映画見れないのに開場手伝ってくれた役者の杉守さん!
めらさん!受付にデザイナーの五十嵐さん、役者の田中さん、
色々動き回ってスチールの伊東さん!物販に嫁と嫁の妹さん!
司会をしてくれた役者の豊田さんもメモ作成し、プランを練ってる!
主演の高木君と小鳥さんがチケット持って、友人待ち。
謙さんはちょい酒臭い。「飲まないと来れないよ(笑)」
皆さんの気持ちがズキズキと嬉しい。
感動しつつ、僕はよく解らず階段の上り下りを何度か繰り返し、
程よく気持ち悪くなってきたところ上映開始っ!

「何だか…始まった。」
「うん。」
嫁と裏の事務所で、取りあえず雑務整理しつつ、ウロウロ。
「う~」
「うむ…」暫くして、
チケット無くてうちら座って観れないんだけど、こっそり後ろから
劇場へ。と、役者の謙さんと小鳥さんも立って見てた。
大画面いっぱい、何度も眺めた『スペアキーな冒険』が上映されてる。
画面から出る光がお客さんを照らしてる。

「…。」息を呑んだ。…スゲー。
何だか圧倒される。
僕とは無関係に、ずっと眺めたかった光景がそこにあった。
「大きな劇場に満員のお客さん。僕の映画が上映されている。」
催眠術をかけられ、口にするうわ言みたいだ。

と、そんな時、ちっちゃいお子様がぐずり始めた。
「あ~ん、ああ~…」
「…!!!」
うわーっっ!頼む!上映中はお静かにっ!
僕が大声で叫びそうになる!発狂寸前。危ないので嫁と退散。
控え室でよく解らない動きをする。
と、チケット無くて入れなかっためらさんが
「お二人にお祝いです」
と、ワインを買ってきてくれた!
「うわーっ!ありがとうございますーっ!」
「今、ちっちゃいお子さんとオバちゃまが出てきましたよー。」
「ん?見に行く。」
と、入り口でおば様がグズるお子様をベビーカーであやしてる。
「あらー、監督さん。どうもすみません。一回だけなのに…」
いえいえ、良いんです。…何て言えない大人気ない僕は、
掻かんで、お子さんの顔をジッと眺め、
「ね~、喋っちゃったね~」と、あやし口調でホッペをツンツン。
…据わった目で。ピタッと止まるお子様。ヤバッと、裏へ退散。
事務所にてめらさんに
「入っちゃいましょう!立って見ちゃいましょう!」
と、めらさんも折角だから是非にと劇場へ!
僕と嫁は物販の準備をして、劇場の中へ!
映画はクライマックス。

そして、無事終了。

司会の豊田さんが客席から前へ行き、僕らを呼び舞台挨拶。
高木君、小鳥さん、謙さん、僕。
僕がノープランの中、豊田さんがうまく盛り上げ、
主役の三人が、それぞれの想いを語ってくれる。
それを横で聞いてて幸せだった。なんやかや、テンパリつつ、
最後は嫁と物販に立ってると、沢山の人が話しかけてくれた。

映画について、真っ直ぐお話してくれる方、
久しぶりに再会できた方、初対面の方、両家の両親、親族、ご友人…
皆さん笑顔で僕を見てくれた。
嬉しかった。みんな、『スペアキーな冒険』観てくれたんだ。
お客さんが見てくれて、完成です。

ご協力してくれた皆様、スタッフ、キャスト、お客様、
応援していただいた皆様。そして嫁。
心から感謝します。


この日、皆さんのお陰で、映画が一つ完成しました。
やっと、ここに来れました。
幸せです。

$ドキュメントエッセイ・リターンズ。


$ドキュメントエッセイ・リターンズ。