奥田庵

小説だったり、映画だったり。犬だったり。

映画「ベリースタートっ!」の資料。

 

ベリースタートっ! [DVD]

ベリースタートっ! [DVD]

 

◆資料・上映当時のブログです。 

 

「2003年9月21日」(第百九十九回)

 

 2003年9月21日の日曜日。台風が近づくドシャ降りの中、
  映画「ベリースタートっ!」をシネマ下北沢と言う映画館で上映しました。
 いやー、死ぬかと思った……。
  全く個人的な事なんすが、この日に重ね合わせていた自分の「思い」が
 大きすぎて、今後一生、こんな恐ろしい日は来ないんじゃないかと……。

 この日を向かえる前の三日間、睡眠時間は合計しても二桁行かない程、神経は高ぶり、「死ぬんだ・・」ってそんな気分でいました。いや、実際死ぬんじゃなくて何かが「終わり」になってしまうんじゃないかって。
  当日は雨。沼津から暑いと思って履いてきたサンダルにグチャグチャと雨が染みこむ。「ああ、やっぱり……」そんな気分で歩きながら手伝いに来てくれた飯野さん、北原さん松谷君とシネマ下北沢の前で係りの人を待っている。約束の12時が近づいてもやってこない。「ああ……なるほど……」と。実際、僕が「映画」を求めて経験を積んでいった中で、予想も出来ない程の「不運」が度々起きてきました。
 それはここに一部は連載して紹介してきたし、全くもって「嘘」の様な確率が重なって、映画界から一時撤退をしなくてはならなくなった。
 「ふざけんじゃねぇ!」とそんな気持ちで自分を焚きつけ、自らの甘さを反省しながらマイナスから「映画」を確認する日々が始まりました。
 そして、曖昧だった物を確信に変えたいと「けじめ」を求めて「一般的」な生活は選ばず自らで自らの映画製作に取り組みました。
 そしてまず一つ目の確認、「俺は映画を好きなのか?」それは「ベリースタートっ!」を創って確認する事が出来ました。大好きだったみたいです。
 そしてもう一つ、「俺は映画を続けていいのか?」その答えがこの日に集約されると思っていました。何がどうという訳じゃないけど、決まるはずって。
 たぶん、死ぬまで映画は撮れるって「好き」な事が解った時点で思ったんですが、それをどういう形で、どこに向けて創っていくのか?それが解らなかった。
 それに僕は今、映画界で仕事をしていない。
  全く無名の、よく解らない奴が創った映画。たった一度、たった一回の劇場上映。
  端から見ればちっちゃな「上映会」俺でも思う、誰が来るんだって。
  徹夜でプリンター印刷したでっかい入場券を見ながらボケーッとそんな事を……。
 「すみませーん!」北原さんが劇場の中に係りの人がいるんじゃないかと、扉をドンドン叩いてる。
 そんな中、12時を二分過ぎた頃、劇場の人がやってきた。
  傘の雨を払いながら、僕らは中へ入り慌ただしく準備が始まった……。


  続きは次回。ドキュメントエッセイ最終回「ベリースタートっ!」にて。


 (2003/9/25何か読みにくい?大げさ?ま、いいか……。)


「ベリースタートっ!」(第二百回・最終回)


 劇場へ入り、すぐさま映写チェック。時間がないので音の出だしが気になる箇所をマイクで指示し、急いで確認。「音が割れてるかも……」
 そして客入れ。シーンとした劇場。映写室から眺める場内は重苦しく、
  僕は既に汗ダラダラ。と、ホントささやかに、静かに、お客さんが入ってきてくれる。なに! この時点で記憶はまばらに……確か映写さんに「誰なんですかあれは?」とか「良いんですかここに来てしまって!」とか言ってた様な……。
 ロビーに出ると古厩さんが来てくれてた。
 「やだなぁー、お客さんいるじゃん。普通の映画館みたいじゃん」
 と、独特の言い回しで「実感」をくれる。が、既にショートしてる僕は煙草を持ちながらプルプル震えてる。かなり早い段階で来てくれて、来るなり「金貸して」と言ってた廣田さんが隣で「挨拶考えた?」と、聞いてくる。「(余裕無く)いや、全然!」と、頭真っ白。
 そんなてんぱり具合を見て古厩さん「トークショーしてやろっか?」「ホントっすか!助かります~(涙)」
 そんな中、入場はゆっくりジワジワと進み、上映時間は刻々と迫る。
  受付の松谷君の所へ行くと取りあえず基本座席(41席)が売れていてくれた。(涙)ほんの少し補助席が出てくれた所で、(シネキタで良かった……小さい劇場で良かった・・)
 そろそろ上映。「こんな感じで良いっすか?」と、飯野さんマイク片手に考えてくれた挨拶メモを見せてくれる。字を追ってみるが全然、頭に入らない。「完璧です!」場内に飯野さんのアナウンスが響き、劇場は暗転、ギリギリ満席の中「ベリースタートっ!」の初上映が始まった……。

  上映中はウロウロ・・。ムチャクチャ吹き出す汗を何度も拭い、何度もトイレへ行き、映写室で場内を眺めては「違うんだぁーっ!」と叫びながら映写機を蹴り倒したい衝動に駆られ、ロビーで煙草を吸っては吸い、吸っては吸い……。
 カフェで冷たくておいしいアイスティーを頼み、もってきてくれた係りの女性に
「いつもお綺麗で」とお茶だけにお茶を濁す
  冷たいお茶を飲み、少しだけ落ち着いた時、隣でぴあを読んでいた松谷君に、
 「今、映画館で俺の映画上映してんだよねぇ……」と確認してみる。

「たいしたもんだよ」
 と、その後、格好良くて少しだけキザな事を言ってくれてた気もするが二行以上の台詞は頭に入らず、全然覚えてない。(ゴメンね)

  上映終了後、客席から立ち上がった古厩さんとお客さんの前へ。
 と、ここでハッと「トークショーって長いんじゃないのか?」と、今更ながら気づき恐ろしくてドキドキ……。足元を見るとサンダルだし、古厩さんを見ると目が人前モード!し、死んでしまう……。
 しかし、古厩さん、バリバリ現役映画監督!うまく会場を盛り上げてくれて、僕への質問もこの前、居酒屋で話していた事と、映画の印象を織り交ぜ、答えやすい様にしてくれてる。
  次第に安心していき、ムチャクチャ素で答え、突っ込みにも普通に反省し、わざわざ熊本から駆けつけてくれた出演者の久保田君との掛け合いで笑いをとる古厩さんを見ながら「引き出すのがうまいなぁ・・」と感心したり……。
  気がつけば「頑張りますんでよろしくお願いします……」と終わっていた……。

  喫茶店ぶーふーうーにて。みんな集まってくれてるのに「真っ白」。
  失敗してたら恥ずかしさから空元気の一つも出てた気もするけど、なんか「無事だ……」みたいな……。結局僕は何もしてなかったような……。遭難先で死にかけの所を幸運にも助けられた様な……。生きてるぞ……っていうか。ぐわんぐわんしてて……。あの時はすんません……。
 その後稽古後の阿部さんも駆けつけてくれた。があんま覚えてない。

 その日は新宿に泊まり、次の日、帰りたくなくて、訳解らなくて、一人でボー。
  喫茶店に恐ろしい時間居座ってた様な・・。そう言えば古厩さんに入場料だけ貰っといて何もお礼してなかったなぁ……と、初日に沼津で二回観てる古厩さんの「ロボコン」を新宿の劇場まで見に行った。ボケーと一時間前からロビーで待ち、気がつくと横に親子連れが座っていた。
  子供がパンフレット見ながら「早くみたい!」を繰り返し、お母さんがなだめてた。
  劇場は小さかったけど平日の二時台なのにほぼ満員。沼津の広い劇場で見た印象とまた違う雰囲気で味わう「ロボコン」。映写が綺麗だ。物語が進むにつれ劇場が熱くなり、競技場面で横のカップルが手を握り会って喜ぶ。
 いいなぁ、俺が映画館で女の子と手を握ったなんてもう、七年も昔だ……。とか思ったり。映画が終わってロビーへ。ボケーッとお客さんを見てると、さっきの親子連れがいた。
 「面白かったねぇー、すんごい面白かったねー!」「先生が……」「うんうんうんうん!」子供のトラウマになるぐらい今度はお母さんが喜んでた。ああ、いいなぁ……映画って。凄いなぁ……毎日数回、全国で上映してて、こうやって誰かが喜んでるんだろうなぁ……。

 その日もまたボケーとしたまま誰とも話したくなくて、新宿へ泊まる。
  次の日、ボケーとブラブラしたまま、少し寒い事に気づく。
 そういや、俺、「ベリースタートっ!」のお客さんに頑張るって言ったよなぁ……。
  映画って良いなぁ……。そんな事を考えながら歩いてると、あの日体験したのは本当の意味で初めて感じた「幸せ」だと言う事に気づいた。
  知らない事だけに戸惑っていたんだなと……。ああ、無事だ。
 「さて、続きだ!」と、言う感じで沼津へ戻り、泥の様に眠り、目覚ましで起きる。
 そして書きかけのシナリオ手帳を持って僕はまたバイトの日々へと戻りました。


  結局、やろうと思えば誰でも出来る事に約二年以上の時間と全財産を注いできました。無意味かもしれないと思いつつも、それを選び、前進してみる事がこれ程恐ろしくて、それでいて充実している事を勉強しました。
  一生懸命ってのもなかなか良いもんです。そしてかなりベリーなスタート地点に立てた事をここに心より感謝いたします!
  本当にありがとうございました!

 

f:id:jetoku33:20171224150907j:plain 

 

 

◆その後、「ベリースタートっ!」は……。

うえだ城下町映画祭に入選したり、

f:id:jetoku33:20171224153958j:plain f:id:jetoku33:20171224154057j:plain

DVDが発売、全国でレンタルされたりしました。(なぜか物凄く並んでた)

f:id:jetoku33:20171224154301j:plain

 

デジタルビデオカメラが出たばかりの頃。遠い昔のお話です。

 

f:id:jetoku33:20171224154444j:plain  f:id:jetoku33:20171224154446j:plain

ベリースタートっ!  [レンタル落ち] [DVD]

ベリースタートっ! [レンタル落ち] [DVD]