小説kinema

小説だったり、映画だったりの作業スペース。散らかってます。

日々のこと

飲み会にいく。

久々に実家へ帰ったら、誰もいなくて僕のことを知らない飼い猫が留守番していて、物凄い警戒してシャーシャー言ってました。 この前、同級生たちとの「飲み会」に参加しました。 「飲み会」に参加するのは、たぶん五年ぶりぐらい。 で、僕は最近ずっとお酒を…

抽象的でなんですが……。

さて、久々に「おかしなこと」を目の当たりにしたのですが、 そういった「おかしなこと」にも随分と、 経験と、知識と、余裕が生まれてきたのかもしれないと思ったりしまして。 いくらかの対処案と、知識と、気楽さが過りまして、 で、色々とやる気に変わっ…

アマゾンプライムの凄さと、贅沢について。

うちのライト(犬)の凄い寝相。 犬は飼い主に似るといいますが、えー、 前に「dアニメ」に入って、アニメ見放題、月額400円でスゲー時代だなぁなんて言ってて、 で、観たいアニメも見ちゃった気分になったので、解約。 で、次は「アマゾンプライム」に。 …

何かコイコイ。

小説家が自身の創作についてよく言っているのが、 「何かが必ず起こると信じる」ということ。 創作をプロットや方法論に頼らず、「物語を信じる」みたいな話。 沢山準備していても、もちろん「何かが起こる」ことはあるんじゃないかって思います。 けど、「…

しゃぶしゃぶ食べ放題が好き。

色々と書きたいんだけどなぁ……。 とりあえず、小説は地道に進んでおります。 さて、減量したり糖質気にしたりとかしていると、 外食の選択肢も減ってくるのですが、最近ハマっているのは、 しゃぶしゃぶ食べ放題。 たとえば「夢庵」のランチだと、この値段。…

不良。

世の中には、気持ちがモヤモヤして反社会的行為に走る人も多いと聞きますが、 やれ暴れたり、そら悪さしたり。 僕は、最近は炭水化物控えてて、ポテチもぺヤングも、カフェインやアルコール、砂糖すら減らす生活をしているのですが(そんなんでここ二、三年で…

誰に助けを求めていいか分からない。

森博嗣・著「読書の価値」を読んでいて、 本は人選びに似ていることや、知らないことについて読む楽しさとか、 そういった書かれていることに感化されて、読書が楽しい気分。 山里亮太・著「天才はあきらめた」が、読んでいて苦しくなるほど、お笑い芸人って…

コロコロ変わります。

何となく遊びで頼まれた文章を、さささっと書いて、印刷して渡した後に「誤字発見」という……。 「ちゃんと」を「きっと」と書いていた。 しかしまぁ、それも面白いかもと思いはじめる。 そういう起きてしまった事の「現象」も楽しいのではないのかと思えたり…

技術凄い。

僕の妻は画家なのですが、最近はデジタルでも絵を描きはじめまして、で、この前、横浜のヨドバシカメラで、液タブ(液晶タブレット)の使い方を無料で教えてくれるサービスをやっているっていうので二人で観に行きました。 で、うちの妻は楽しそうに、ふんふん…

どうにもならない気持ち。

九月。 暑さも和らぎ、過ごしやすい。 空がいつもより青くて深い。 いつもより長く歩いている。 もうしばらくすると、枯葉が絨毯のように歩道を包むだろう。 どこかのラジオから天気予報が聴こえた。 明るい女性の声だった。 僕はその声の主を想像した。 九…

凄い作品を見た。

この前、ぷら~と自主映画コンテストを見に行ったんですけど、 全部面白くて。凄いなって。 昔の自主映画って言ったら、8ミリフィルムとかで作っていたから、画面が真っ黒だったり、音が割れていたり、原っぱで走り回って、お爺ちゃんがセリフ棒読みだったり…

冷やしに。

この前、ムチャクチャ暑い中歩いていて、ヒーヒー。 図書館があって、ちょっと涼もうと入りました。 なんか本を手にして椅子に座ろうと思って、雑誌コーナーから 文芸誌の「群像」を持って席へ。 汗をぬぐいつつ、なんか本読んでるふりをしようと、パラパラ…

犬グルメ。

うちのライト(犬)が、走りすぎて、左前脚の爪から血が出ちゃって。 痛々しく歩くのです。 で、病院に行って、一週間分の薬をもらったのですが、 それを飲ませるとき、ご飯に混ぜてみると、錠剤だけ残してしまいます。 分かるんですね。 じゃあ、錠剤を豚こま…

映画「カメラを止めるな!」を観てきました。

話題の映画、「カメラを止めるな!」妻と観てきました。 面白かった! 情熱がグイグイと、素晴らしい! その「現象」だけは、日々伝わってきていました。 ワークショップで作られた、300万円の小規模なインディーズ映画。 限定公開のあと、2館で上映。 連日…

下手くそだから楽しくない。

この前、スポーツアニメ見てて、 「部活なんかで、なんでそんな一生懸命やるんすか?」 みたいな問いをしたキャラクターがいて、 「お前、下手なんじゃないの? だから楽しくないんじゃない?」 みたいな台詞をかえされていて、 おお! と、思った次第でして…

小田原映画祭・野外上映。

近くなので小田原映画祭へ電車に乗って。 野外上映会。 満席でした。 オープニングイベント。 ギターとキーボードの映画音楽の演奏。 トークショー。五十嵐匠監督と、榎木孝明さん。岡田美術館の小林優子さん。 五十嵐監督は昔一緒にお仕事したことがあるの…

毒を吐くと、マウスが死ぬ。

怒っている人の息からできた沈殿物の塊を、水に溶いてマウスに注射するとマウスはわずか数秒で死んでしまった。 というのを読んだことがあります。(※諸説あります) つまり、毒ばかりはいているとマジで周りの人間に害が及ぶということらしいです。 「うっせ…

物忘れ。

認知症サスペンスってのは出来るのではないかと、何度か考えたんですけど、 面倒になって、アイディア止まり。 忘れていたことを徐々に思い出すっていうのは、よくあるし。 忘れてしまって、また再び妻に恋をするとかだと、素敵な話。 忘れてしまって、妻以…

アニメ見放題。

二年ぶりにレンタルビデオの会員になって、観てないものを沢山鑑賞。 DVD一本百円って安すぎって浮かれていたんです。 で、足しげく通って、楽しんでいたんですね。 映画、ドラマときて、今度はアニメを一気見しようって、借りるんですけど、結構レンタル中…

尾崎裕哉 東京芸術劇場

尾崎裕哉のコンサートに妻と行ってきました。 フルオーケストラをバックに、自分の曲と、父親、尾崎豊の曲を半分ずつ、 歌うというコンサート。 高校時代、尾崎豊ばかり聴いていた僕。 尾崎豊の横浜アリーナでの復活コンサートで、物販のアルバイトをして、 …

「毛虫のボロ」観てきました。

先日、朝からライト(犬)を預けて、夫婦でジブリ美術館へ。 宮崎駿監督の最新作「毛虫のボロ」を観てきました。 realsound.jp 可愛らしい。短編。 外国の方も多かった。終わった後、拍手が起きてました。 素敵。 不器用なアナログレコードの挑戦 作者: 奥田徹…

Facebookのアカウント、一時停止してみました。

フェイスブックのアカウントを一時停止してみました。 戻ろうと思えばすぐ戻れるらしいので、とくに何も書かず、ささっと。消えております。 なんとなく、「なんか止めたいんだよなぁ」って思いつつ、その理由があまりはっきりと分からなかったので、ダラダ…

見つけてる感。

前の職場に、アニメオタクの人と、ゲームオタクの人がいて、で、話を聞いていると羨ましくなったという経験。 例えばアニメオタクの人は、世の中の偏見に対しどう思うなんて話の流れで、 「気にしない。逆に、こんなに面白いことを知らないなんて不幸だなっ…

掌編小説のこと。

僕の小説は、 「掌編小説」 「短編小説」 「長編小説」 って、感じで、大まかなくくりがあるんですが、 で、「掌編小説」ってのは、なんなのって。 調べると、「短編小説よりさらに短い小説」らしいのだけれど、 明確には決まりはないそうです。 よく、星新…

不器用なアナログレコードの挑戦、世界初の感想文。

アナログレコードの挑戦、はじめての感想を見つけました。すごく、嬉しいです。こんなに、長文で、本当にありがとうございました。 この感想が、「世界初!」です。 ありがたいなぁ。頑張ろう。 entanglement-mind.amebaownd.com 不器用なアナログレコードの…

本当に嬉しいこと。

嬉しいことがありました。 乃楽りくさんが、僕についてこんな応援記事を書いてくれました。 noranokura.com ネットで小説を発表していても、なかなか感想を目にする機会はありません。 だから、レビューを書いてくれる方は本当に貴重だし(毎回書いてくれてい…

捨ててしまいたい。

珈琲やめました。 ということで、煙草も止めて、酒も飲まないし、砂糖と、炭水化物控えてと。 色々と楽しい。 出来れば自己顕示欲みたいなのも捨ててしまいたい。 研究、研究。 で、最近のインプット。 ドラマ ○女王の教室(全11話+SP2本) これは凄く感心。…

最近のインプット。

なんか、色々と書きたいことはあれど、今回も。これ。 とにかくここ十数年、じっくり観ていなかったテレビドラマを浴びるようにみています。 ドラマ ○野ブタ。をプロデュース(全10話) 一緒に青春してる気分になって、楽しかった。 ○僕とスターの99日(全10…

最近のインプット。

ドラマ ○カルテット(全十話) 展開がグイグイと面白い。一気観した。 ○逃げるは恥だか役に立つ(全十一話) いいなー。おもろいよなー。弱さと個性。笑え。 書籍 ○小沢健二の帰還:宇野維正 伝説のミュージシャン、消えていた十九年。彼は何していたのか?…

大まかに素晴らしい。

母親が遊びに来たり、親族の集まりがあったり、知り合いの上映を二つほど見に行ったり、小沢健二だったり。そんなことがゴチャッと固まる。 で、なんだか余計なことをしゃべっていたような。何もしゃべっていなかったような。平気で七年とか十年とか会ってい…