奥田庵

楽しんで書ける場所が欲しいなって、ここにひっそりと、僕の遊び場を作った感じです。小説的体調管理。自由。

2016-10-17から1日間の記事一覧

ちょっとそこ

「あいつがいないところへ行きたい」 と、彼女が言ったので僕たちは取りあえず行先も決めず特急電車へ乗り込んだ。 あいつとは彼女の父親だった。 癇癪持ちで、反論すると大声で威嚇してくる。 単純にめんどくさい人物であるのは誰の目にも明らかなので、友…