奥田庵

小説だったり、映画だったり。犬だったり。

まあ、からあげクンでも。

昨日今日と奥さんが、お茶のイベントの付き添いで家を出ていて、ライト(犬)もペットホテルへ。 ということで、誰もいない家への帰り道。 なんとなくゆっくり歩く。 何かしたいわけでもないけれど、外でなんか食べたり、立ち読みしたりとか、そういったことを…

エンジン。

一時間。 まず、一時間、今の長編に時間を使うことを考えようと思いつつ、 たぶん、これだと「エンジン」がかかっている状態を維持はできないのだろうってことでして。 誰だかが、たぶん、アンパンマンのやなせたかしだったか、「エンジン」をふかせた状態な…

優しくして。

びっくりするぐらい、やる気がない。 寝ていたい。ダラダラしていたい。食ってしまいたい。 ということで、本能の赴くまま、そうしてみたら。 何か言い訳をしたい気分になってきましたよ。 ヤダヤダ。 やる気っていうのは「やり始めないと出ない」っていうこ…

懐かしき「決められたレール」

受験戦争って、そういや言われてたなぁなんて話をして。 「これからは、いい大学に入り、いい会社に入らなければ落ちこぼれとして生きていかないといけない。だから勉強をしないといけない」 なんて言ってたなぁ。世の中の雰囲気で。って。 で、「決められた…

似ているようで違う世界。

最近「記憶がない」ってことがよくある。 単純に作業量が多すぎて、一つ一つのことを覚えていられないっていうことのようなのだけど、たまに「記憶違い」みたいなことも出てきて、 これお願いしていたと思っていたら、そんな証拠がなかったり、 あと、どうも…

寝落ち。

昨日はまた寝落ち。 そんなに疲れているのかなぁって思うのですが、たぶん、食べたものなんだろうなぁって。 昼休憩。 ローソンの「Lチキ赤ダレ」これ美味しい。おすすめ。 だけど、前にもこれ美味しいってブログですすめたら、いつのまにか無くなっていたの…

フカフカ。

ちっちゃかった。 大きくなっていき。 ベッドからはみ出すように。 ゴロン。 そして今日。 妹と猫 作者: 奥田徹 出版社/メーカー: 奥田徹 発売日: 2018/09/11 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る

なんでこの人は、僕に嘘をつかないといけなかったのだろうか?

なんでこの人は、僕に嘘をつかないといけなかったのだろうか? と、思ってしまうところがある。 ということは、目の前で嘘をつかれていても、大体、 「へーそうなんだ」 と信じてしまうということなのだけれど、うちの奥さんなんかは、とても客観的に、 「前…

さよならカラオケ。

カラオケに行きたいなぁって思っていたのです。 最近、ずっと。 歌ったらきっと気持ちよくなれるし、大きな声を出すことで、色々なことがスッキリするんじゃないかっていう期待がありました。 独身の時は、結構、カラオケ行った記憶はあるのですが、 ここ最…

人は四か月あれば結婚する。

髪を切りに。 今年の初めぐらいに行き始めた美容室。 その時は、美容師さん、 「そのうち自分のお店とか欲しいんですよねー」 なんて言っていたのが、 二回目に行ったときは、 「太った彼氏が出来たんですよ」 良かったですねー。 なんて話して、三回目の時…

なんか、衝動で。

ブラーっと。 ん? うむ。 ふむ。 うーむ。 家出しなかった少年 作者: 奥田徹 出版社/メーカー: 奥田徹 発売日: 2014/03/06 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る

心地よさについて。

僕が疎外感を必要としていた時期があったということなのだろう。 途中で剥がしたカサブタのように、不愉快さを含みながらも、そういうものだと受け入れていた疎外感は、いつのまにか消えていた。 それはそれで居心地が悪い。 どこかで不機嫌の言い訳を求めて…

「面白い話」の作り方。

アマゾンプライムで無料の電子書籍で、物語の作り方みたいなものを読んでいるのですが。なるほどなぁーって関心。 「目的」があって、それに「障害」が立ちはだかる。 大切なものを「奪われ」、探しに行き、「対決」し、最終的に「成長、変化」していること…

なんでアホってわかるの?

蒸し暑い。 この気温差。 ジクジクします。 職場の近くに「奥田公園」がありまして、 そこでボケーっとしていると、後ろで子供の会話。 「もう、あいつとは遊ばない」 「なんで?」 「アホだから」 ちょっと間があって、 「なんでアホってわかるの?」 「ア…

毛を切りたい。

可愛い、ライト(犬)。おばさんのバス旅行みたいな写真。 毛が伸びてきた。 切りたい。 まあ、切ればいいのだけれど、切ってしまえば伸ばせない。 ケーキを食べて、かつ取っておくことが出来ない。 と、同じ問題なのです。 美容師さんに 「伸ばしたいっす!」…

どうでもいいことから。

ふと思ったんですよ。 ゆーっくりとフリック入力しながら、 「どうでもいいこと書きたいなぁ」って。 で、ケラケラと一人で楽しみたいって。 そんなことが大事って。 何じゃそれっててのを書く癖をつけようって。 ◆ はらわたが痒くなったことが彼女を好きに…

フリック入力。

スマホのフリック入力にちょっとした憧れがあります。 何かの記事とかで「フリック入力覚えたら文章も早い」って書いてあって、ちょっとドキリとしたり。 僕は、「ケータイ入力」で打ち込んでいるのです。 トントン画面をたたいて、文字を出しています。 よ…

ブュッフェ食べ放題。

ライト(犬)に、お尻を顔に押し付けられて目を覚ます。 吠えない代わりに、色々なことをして僕を起こすのです。そのまま、ぷらーっと散歩。 今日、奥さんと横浜に行こうとしたのです。 ライト(犬)預けて、バス乗って、電車乗って、なんか食べてって、奥さんの…

インドカレー食べ放題。

五日間で二キロ痩せ。 ということで、太った分しか痩せてないなぁ。 なんて思いつつ、昼休憩で、ブラブラしていると インドカレーの食べ放題を見つける。 地下でこっそりと。土日限定の食べ放題みたい。 お昼はいつも、からあげクンみたいなおやつなんですけ…

ポーン。

疲れ目がやばい。 帰りの電車で、座って、足組んで。目を閉じていたいのだけれど、足を組むっていう行為の時に必ず、「赤井英和」が過るのです。 で、結局足を組むのを止める。 どついたるねん デラックス版 [DVD] 出版社/メーカー: ジェネオン エンタテイン…

おめでたい。

甥っこに子供が生まれたことをフェイスブックで知る。 良かった良かった。 しかし、なぜ生まれるまで知らないんだと、軽くショックを受ける。 何度か実家に帰ったはずなのにそんな話題には一度もならなかった。 ふむ。 疎遠。 まあ、いいけど。 家出しなかっ…

昼寝への道。

奥さんの絵 毛糸シリーズその11 昼休憩に、公園へ。 暖かくなってきたので、少しブラブラ。 公園のベンチの心地よさ。 あまり周りに人がいなかったので、ベンチの上に寝っ転がる。 で、空。 気持ちいいなぁ。 このまま眠ってしまいたい。 けど、少し離れたと…

知らない。

奥さんの絵 毛糸シリーズその10 さてさて、令和元年初日。5月1日。 休み明けの出勤。 平成最後にちゃんと食べて、また二キロ太ってからのお仕事。 ここからまたあんまり食べない五日間。 胃が痒いんですよ。 ふわふわ。ふわふわ。 最初、日差しが出ていて、…

平成最後の日。

「平成」が今日で終わりますね。 街をブラブラしていても、あちらこちらで 「平成最後の日は……」みたいな声が聴こえてきました。 「絶対いつか語るよ、平成最後の日って」 「平成最後のバーミヤン」 「平成最後の臭いにおい」 「平成最後って雨降ってたんだ…

焼き肉。

寝落ちしてました。 気絶してるっていいますよね。寝落ちって。 今日は奥さんと焼き肉食べ放題。 ガッツリ肉を食べまくりました。 仕事が変わってから、なかなか体重コントロールのルーティーンが決まらないでいます。 最初は朝昼はほぼ食べないで夜だけ食べ…

村上春樹をうろうろ。

村上春樹のラジオ。 今回で五回目。タイムフリーで聴けました。 楽しい。 www.tfm.co.jp 最近の村上春樹さんは、結構オープンな印象。 ものすごい数の質問に答えたり、 ゲリラでサイン会をしたり、トークイベントをしたり。 今回のラジオに、その流れでジャ…

寒いと寒いことを書きたくなる。

NHKの番組「72時間」で、`レンタルなんもしない人`に三日間の密着。 何もしない人が交通費で来てくれて、何もしないで帰っていく。 それに癒される人達。 ツイッターで常時受付していて、その様子もツイートしている。 mobile.twitter.com 軽く、哲学な感じ…

死に水な作品。

突然の寒い日。 小雨。 そんな日でしたね。 打ち込み待ちの小説を待たせつつ、打ち込んだ後の直しも考える。 直しの流れを少しメモって、「でも、これで新しい話が書けるかも」とかも思うのだけれど、すぐに、「なんかそれヤダ」と過る。 ある程度のクオリテ…

ダダ下がりと尾崎豊。

さてさて、 取りあえず「間違い」らしいので、移住は保留になりましたよ。 あとは、「間違い」だったという実感できるような日常が平和に積み重なっていけばいいなぁって思っております。 が、テンションはダダ下がり。 こうくすぶった気持ちになると、「尾…

どっちでもいいけどさ。

まあね、どっちでもいいのですよ。 ふと「理不尽」な匂いがやってきましてね。 これ、もう生きていると、毎回こんなことに振り回されてきたので、ある程度「免疫」がついてきたのかもしれないなって思っております。 搾取、搾取な世の中なので。 ということ…