奥田庵

小説だったり、映画だったり。犬だったり。

「妹と猫」五日間無料と、目的のなさ。

f:id:jetoku33:20190208214710j:plain



短編小説集の「妹と猫」の五日間の無料キャンペーンしています。

妹と猫はとても好きな話なので、良かったら読んでもらいたいです。

2月13日の夕方まで無料です。

 

 

妹と猫

妹と猫

 

 

 

で、昨日「認知バイアス」のブログ書いて、今日一日気持ち悪いこと。

その本は今日読み終わったんですけど、なんていいますか、

読んだ後、なんか体調がすぐれなくなるものってあります。

 

で、その心地悪さの意味についてずっと考えていたんですよ。

 

どうも戦略とか、仕組みとか、そういうのが息苦しい。

「今に見てろよ」っていう気持ちが、やっぱり、そもそもないのです。

 

誰かに勝ちたいとか、栄光をつかみたいとか、ない。

本当にない。で、このブログですら目的がない。全然ない。

ターゲットとか、分かりやすい展開とか、おなじみを作るとか、

中毒になるような何かだとか、全く考えてない。

情報発信とかする気もない。

宣伝リンク乗せててもアフェリエイトやってないし、儲けようとも思ってない。

 

だから、まあ、気楽なもので。

やっぱり、「なんとなく」をただ楽しんでいるんですよね。

やりたいことはなんか「やってる」ので、日々結構楽しいのです。

 

凄いことは頭のいい人たちに任せて、僕はただ楽しい。

この部外者感が。

基本的には観察者なので、妄想が楽しいんです。

 

ということで、妄想一直線な「妹と猫」もよろしくお願いいたします。

前に、乃楽りくさんが、ブログでとても長く嬉しい感想を書いてもらいました。

こちらも読んでみてくださると嬉しいです。

noranokura.com

 

ではでは。

また。

 

妹と猫

妹と猫

 

 

今に見てろよ。

f:id:jetoku33:20190207221905j:plain

 

妻が断食五日目です。

なんか引っ張られて、僕も一日一食。

 

認知バイアスについての本を読みながら、

実際に僕はどう自分の都合のいいように記憶を書き換えてきたのか考えたり。

 

no-mark.jp

 

僕はもっと人に自分の小説を読んでもらいたいのか、

それとも、そんな葛藤を通り越して「楽しみ」としてのめり込みたいのか。

 

なんて言っているところに、たぶん認知バイアスはかかっていて、

どこかで受け入れられたいくせに、自分が思ってるほど活躍してない現実に

納得するため、「楽しみ」とか言っているんじゃないかとか。

 

例えば宮崎駿が「ラピュタ好きです」とか言われると「当時観に来なかったくせに」

って、思うって言ってましてね。何をいまさらって。

 

そんなエピソードを思い浮かべてる時点で、

「実は前から面白いって思ってたんだよね」

とか言われたら「何をいまさら」って言ってやるんだって思いたいみたいな。

 

まあ、可愛い話。

今に見てろよ言ってるぐらいがちょうどいい。

 

今に見てろよ。

とにかく全部面白いんだから。

 

 

不器用なアナログレコードの挑戦

不器用なアナログレコードの挑戦