奥田庵

小説だったり、映画だったり。犬だったり。

kindle paperwhiteを買うまでのこと。

f:id:jetoku33:20190417225948j:plain

 

これ、電子書籍端末のkindle。買いました。

その経緯が……。

 

この前、スマホの機種変をしようってお店に行ったんです。

けど、相談窓口が埋まっていて、整理券みたいなものを出して、

「登録してくだされば順番になったらメールで呼び出します」

って。でも、僕のスマホはなぜかメールが届いても知らせてくれない。新着問い合わせをしないと、メールが来ているのか分からないのです。

きっと、設定をちゃんとしたら届くのでしょうけど、メールが来て知らされるのは嫌いなのでそのままにしていました。

 

なので、「ただいま二人待ち」って画面をトップに出しながら、店舗の横のソファでずっと待っていました。

店舗で相談をしているのは高齢者。とても疲れた顔で話を聞いている。

なんか色々と初めて聞くようなこと聞かされているんだろうなぁ。

そのうちショッピングモールをブラブラしてても順番が来たらお知らせしてくれるというお得な機能すら使いこなせないで、店の横にずっといる自分になんだか腹が立ってくる。

乗り遅れている感がする。

 

「ただいま一人待ち」

 

そもそも機種変は異常に料金が高い。新しいスマホに変えるのは携帯会社ごと変えたほうのが色々と得なのも分かっているし、機種にしたって、ネットで買えてSIMカードを移せばオッケーっていう知識もある。

わざわざ店舗に来て、順番待って、少ない取り置きから機種を選んで三倍以上の値段を払って買うなんて言うのは、まあ、損を進んでしに行っているようなもので。

 

「止めた」

と、三十分ぐらいたったころに奥さんに言って、

「いいの?」

「いい、スマホはこれでいい、kindle買う!」

 

ということで、逆切れっぽいですがそんな流れで電子書籍kindleの端末を買ったのです。

今まではfireタブレットと、スマホ電子書籍を読んでいたのですが、ずっと欲しかったkindleを買うきっかけを、ここで掴んだということでして。

 

ちょっとデジャヴ。

この前も、「お得なシステム」使いこなせなくて逆切れして「止めて別のこと」していたような……。

いやね、スマホで気になっていたのは「写真の画素数」だけだったので、そこに三万円はもったいなかったので、これでいいのです。

 

けど、もう少し「新しいこと」にも積極的になろうって思ったりもして。

小さく傷ついてはいるのです。

日々、新しい一歩。

 

 

4/19の17時まで四冊無料です。 ↓

 

不器用なアナログレコードの挑戦

不器用なアナログレコードの挑戦

 

 

 

足音にロック

足音にロック

 

 

 

妹と猫

妹と猫

 

 

 

エイプリルフールに百歳で死ぬということ

エイプリルフールに百歳で死ぬということ

 

 

 

「リミットレス」と、記憶がない。

f:id:jetoku33:20190416223023j:plain

 

今日、アマゾンプライムで見た映画はこちら ↓

 

 ダメな生活を送っていた作家志望の男が、「すんごいドラッグ」で、とんでもない能力を手に入れてしまう。けど、副作用も……。

 

みたいなお話。

都合のいい「便利なもの」を自分だけ手に入れたら、どうなっちゃうのかっていうのは、よくある題材で、ドラえもんとかもそうだしとても人間的。

 

この「報われない」から「人にちやほやされる」って心地よさを都合よく手に入れて、けど、そこにまつわる「虚しさ」を知る。みたいな流れはよくあります。だけどなかなか「虚しくなるから、承認欲求から外れた生き方をしましょう」なんて簡単に言えないのもまたよく分かる話です。

競わされて、評価されて立場が優遇され、それに耐えたからこそ得られる到達点。って物語は結構長いこと刷り込まれてきたモノだし、それを信じている人が大多数の世界では、「そういうものだろ」って空気もあるから、「何言ってんだか」って言っちゃうだけで、めんどくさい見られ方を強いられちゃう。

 

だから「色々な物語」が実際の世界で目に見える形で増えていくことで偏見が減り、今後も新しい価値観が徐々に「浸透」していくんだとは思います。

そこが、面白いところでもあったり。

 

最近ね、「記憶がない」ことが多くてまずいのです。

この映画の中でも薬の副作用で、そんなシーン出てきますが、僕にも最近の日々でのちょっとした「副作用」が出てきているみたいで、多少、考え方を柔軟にしておかないと「侵される」と思っております。

 

柔軟であるためには「大切なものを守る」必要があります。

それを奪われそうになった場合、強固な思いが必要になります。

 

いくら時間に忙殺されて、「記憶がなくて」も大切なものは忘れないように、日々を過ごさなきゃなぁって思います。

 

4/19の17時まで四冊無料です。 ↓

 

妹と猫

妹と猫

 

 

 

不器用なアナログレコードの挑戦

不器用なアナログレコードの挑戦

 

 

 

エイプリルフールに百歳で死ぬということ

エイプリルフールに百歳で死ぬということ

 

 

 

足音にロック

足音にロック