小説kinema

小説だったり、映画だったりの作業スペース。散らかってます。

文章のかけら 6

 

さて、「フェチ」と文章に現れる影響についてずっと考えていたら、随分と楽しい気分で一日を過ごせました。

ということで、今回もアイデアの断片、行き場のない文章たちでございます。 

 

 

○お弁当を届けに来た奥さん、大事件に巻き込まれる。

ギリギリのところで救い、逃げ、

二人でお弁当を食べる。

 

○選挙演説で告白。

 

○偶然、好きな人を街で見かける。

すっぴんなので気づかれない。

ストーカーしながら化粧を仕上げる。

と、好きな人が大変な目に。

すっぴんになり、好きな人を助ける。(実は強い)

すっぴんが逆に変装になってる。

好きな人「またあの人に会いたいなぁ」

 

 

○「ぶっ殺してやるっ! どいつもこいつもぶっ殺してやるよっ!」

犯人は何度もそう叫んだ。

九階建てのビルの四階。窓から時折顔をだし、様子をうかがう犯人。

人質は、そのビルに入っている会社の社員四人。

犯人は、警官を襲い、奪った拳銃を片手に持っていた。

 

ビル周辺は警察が周辺規制し、立ち入り禁止。

野次馬が群がる。

野次馬の中に、アクションドラマ好きの劇団員が三名混じっていた。

血が騒ぐ。何かできることはないだろうか? 

刑事ドラマのテーマ曲がリフレインする。

 

○犯罪を犯そうとしている青年。殺しも妄想。

しかし突然目の前に死にかけた人。

必死で助ける。

悪い奴になるのを覚悟したのに、善い行いばかりすることになる。

 

「君のそのウサギのぬいぐるみはいつから?」

「三歳から。父親からのプレゼントなの」

「ぬいぐるみは好き?」

「好きよ」

「僕は好き?」

「好きよ」

 おならプー。

 春の始まりの音。

 

 

○彼女は、ただ欲しいもののことを考えればいいだけだった。

そして、欲しいものについて、どういう必要性があるかを訴えることが大事だった。

そうすれば、たいていのものは手に入った。

 

その神通力が通用しなくなった日。

 

○結婚十八年。夫が仕事を失う。

妻とこの十八年やれなかったことを始める。

自らも取り戻していく。

十八年目の新婚旅行。

二人別々に迷う。→妻の手がかりをつかむ。→感情が戻ってくる。

妻をやっと見つける。

手作りのベール。と花束。

最後、妻へプロポーズ。→面接→バイトしてる。

 

○毎回、犬を抱えて散歩している女。犬の散歩になってない。

 

○田舎の電車。一時間に一本。二車両。

学生は、街へ出るとき、だいたい知り合いと一緒になる。

そこに出る自意識。顔を伏せたり、気づかないふりをしたり。

女子のがよくしゃべっている。

いつもはしゃいでいる彼女が元気がなかった。

「……」

 

○ホームレスが事件を目撃、解決してしまう。

家族に迷惑になりたくないと失踪してホームレスになっている男、

「あの、お名前は?」

知られたくないので、去ってく。(毎回)

 

○暗号。

長い通勤。電車。酔っぱらったサラリーマンが寝ている。

何やら寝言。

その寝言が暗号のように聞こえた。

僕は最寄駅に着くまでに暗号を解こうとする。

        

○盗まれる

荷物を盗まれる。

盗んだ女、初めての泥棒。盗んだ相手のその後が気になる。

様子を見に行くと、とても困っている。

男の目を盗んで、少しずつ返していく女。

と、男が事故にあい、女、助けに行く。

 

○  空を飛ぶことはたやすかった。

 それを指摘されるまでは。

「どうやって飛んでいるのさ」

 そう、誰かが僕に訊ねた。

 その瞬間から、僕は飛べなくなった。

 どうやって飛んでいたのだろう?

 きっと、そんなことを考えている限り飛べないのだろう。

 僕はまだ飛べないでいる。

 

 しかしまあ、何はともあれ、自分を説得するのが一番難しいと感じる今日この頃。

みなさんもどうか自分を大切に。

 

家出しなかった少年

家出しなかった少年

 

 

「変態性」の重要性。

f:id:jetoku33:20180817074517j:plain

 

さて、自分を信じ込ませたいということで。

何の話やらと言いますと。

 

変態への道。

 

落合陽一が著書で、「変態性」が重要と沢山書いてまして、

こんな感じで、

 

例えば「天才建築家」の職種は建築士に限定されますが、

「建物好きの変態」は建築士になれるだけでなく、建築に使う素材や重機などの開発者になれるかもしれませんし、インテリア・コーディネーターや都市計画の専門家になれるかもしれません。

 

才能という言葉だけでは表しきれない猛烈な執念のようなものが「変態」からはただよってくるのです。

 

という、文章。

僕は前にも書いたとおり、創作において、評価を受けて前進させるやり方から、「興味を深める」方向へとシフトしたいと思っていまして、それはまさに「変態への道」みたいなもんだなと思ってみたり。というか、面白いし「変態」になるって考えると。少し気持ちも浮く感じ。

 

なんかの本で「男性は歳をとるにつれて狂気に惹かれる」とか書いてあって、で、女性はまた別のことが書いてあって、(気になって何の本だったかなって探してみたんですが見つかりませんでした)で、僕もその「狂気に惹かれる」ってなっているなって思うと、なんとなく、歳をとっていったみたいで恥ずかしくもあるのだけれど、そうにでもならないと、やってられないってのも本音なのかもしれないなと思ったりもして。

 

なにか、振り切れてない感じがするっていうか、そこをブゥオーンっと、飛び越えてしまいたいのだけれど、なかなかうまく行かない。

いっそのことおかしくなりたいって言うかね。

「変態」になろうってなると、しっくりくるかもと思った次第で。

 

 

やっぱ、評価されたい病の副作用みたいなものが出てきて、

前以上に唐突にブログの閲覧数が少なくて凹んだり、小説のレビューが無くて凹んだり、全然相手にされていないような気分になって落ち込んだりってなったりします。

シロクマのことは考えるな状態。

この「評価されたい病」を克服するのは、結構大変かもって。

戦わない、比べない、求めない。

そこには天井が無く枯渇が待っている。そんなことは分かっていても。

 

言うはやすし、そんなね、感情なんか一貫性ないんですから、ブレブレっす。

 

たぶん、大事なのは、それでも「物語の変態性」のことばかり考え続けて、その根拠のようなものを重ねていって、他が気にならないくらいの頭いっぱいそんなことになってしまうこと。って。

 

しかし、天才が自殺するのは、あまりに高みに行ってしまっているから考えを共有する相手がいなくなり、「孤独」になるからだと、なんかに書いてあった。

孤独だと人は死んでしまう。

変態を目指し、僕は果たして救われるのだろうか。

 

そんなことばかり考えていたら腹がムズムズしてきて何だか辛くなったんです。

で、ツイッターで「どうせ誰も読んでねぇーしっ」て思って愚痴ってたら、

海の家のダンテさんが、励ましてくれたので、

ジンワリと響きました。

ありがとうございます。

 

 

で、なんの変態なんだろう。

物語の変態性の追及。

変態作家。なんか変態。

でもまあ、「自称」するもんでもないだろうに。

 

どうしたら僕が満足する物語が書けるのか、奥へ奥へと掘り進められるようになりたい。

 

しかし、年々、悩みが独特になって、人に相談できなくなっているのは否めない。

悩み自体には、「こうすれば」みたいなのは理屈で理解してはいるのだけれど、

もっと、わがままになりたいのよね。

 

迷惑な人は嫌いだけれど、迷惑を許容されるぐらいの圧倒的な個性が足りていないってのも感じる。まだ、沸点にいかない。しかし、奇をてらうものではないと思うし。

よく思われたいなんて思ってるのかもしれないな。

まあ、もどかしいのです。

寂しい。

 

 

これからの世界をつくる仲間たちへ

これからの世界をつくる仲間たちへ

 

 

 

恋すること

恋すること